100mを速く走る方法|元陸上部が教える7つのポイント

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 37

100mを速く走る方法、知りたくないですか?
私は知りたいですっ!

大人になった今でも知りたいです。
いや、普段の生活ではもう100mを走ってタイムを測るなんてことないですけど、それでも憧れますよね、足の速い人に。

オリンピックとか世界陸上を見るとやっぱり一番の花型競技は「100m走」ですから。

ってことで、これからタイムを伸ばしたいという学生さんはもちろん、単に自己満足で速く走ってみたいと思ってる私みたいな人でも簡単に100mを速く走れるようになる方法がないか、探してみました。

100mのスタートからゴールまでの走り方で気をつける7つのポイント

run

足が極端に遅い人、運動音痴な人の走り方を見てると、かなり変ですよね(テレビで運動音痴芸人という企画をやってましたが、まさにあんな感じです)

こういう走る姿勢からしてダメな人というのは、走り方をちょっと変えるだけで、かなりタイムが速くなるそうですよ。

ソースは学生時代(中学・高校)に陸上部で県大会にも出たことがある友人です。

元陸上部員が教える100mを速く走る7つのポイント

スポンサード リンク

●走る前によく屈伸したり、アキレス腱を伸ばす
●靴紐をしっかりとほどけないよう、きつく結ぶ
●手はグーに握らず、パーのまま(短距離の選手はそうしてます)
●腕を前後にしっかり振る(腕と足は連動しているので)
●足のウラはすべて地面につけず、つま先だけで蹴って走る感じ
●スタートして最初の20mくらいは前傾姿勢で地面を見ながら走る
●そこから先は状態を起こして走る


【正統派】筋トレをして筋力をつけてスピードアップする方法


速く走るためには「足で地面を強く押す」のが基本。
で、足で地面を強く押すには足の筋力が必要なわけです。

そのために強化したい筋肉は、ずばり「ハムストリングス」ですっ!

このハムストリングスを鍛えるための筋トレで何も器具がなくてもできるのが「スクワット」ですね。
スクワットのなかでも「骨盤スクワット」というやり方が一番効果があるそうです。

そのやり方を説明した動画がこちら

楽そうに見えますが実際に自分でやってみるとかなりキツイです。翌日は筋肉痛になりました。

それと坂道をダッシュして駆け上がるのも、足に負荷がかかって、それだけで筋トレになるそうです。走るときはくれぐれも自動車に注意してくださいね。

【裏ワザ】輪ゴム一本が足が速くなる方法!


もう時間がかかって面倒な筋トレなんかしないで手っ取り早く足が速くなりたいなら、この方法を試しましょう。

この方法は昔やってた「伊東家の食卓」という番組で簡単に足が速くなる裏技として紹介されて、けっこう有名らしいです。

やりかたはいたって簡単!

1. 足首に輪ゴムを通す
2. その輪ゴムを一回ひねって足の親指に通す

この動画でやり方を確認して下さい。

※この動画の足の主は私ではありません(笑)

なんとこの裏ワザで走ってみると、なんと7割の人がタイムが速くなったらしいです。
実際に試してみましたが実感するほど速くなった感じはありません・・・・タイムを測ったら多少違うのかもしれませんが(^_^;)

どうしても明日のスポーツテストで0.01秒でも速く走りたい、運動会の徒競走でビリになりたくないという人は「おまじない」程度のつもりで試してみてはいかがでしょうか?

上から靴下を履いてしまえば誰にもバレませんので。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ