2016暑中見舞いの時期【いつからいつまで】がマナー?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 342

暑中見舞い葉書の文面
暑中見舞いの時期って、いつからなんでしょうか?

こういう季節の挨拶は若いときは出しませんでしたが、そろそろ年齢が年齢ですからね(^_^;)

2016年(平成28年)の今年の夏こそ、マナーを守って会社の上司や付き合いのある知人に葉書を買って書いてみようと思います。

そこでちゃんとした基本的な約束事をいちから調べてみました!

暑中見舞いは「いつから、いつまで」に出すのが正しいマナー?

暑中見舞いはその名前に表せられるように「夏の暑さが盛りの頃」に「暑くて大変ですが、お元気ですか」といった意味を込めた挨拶です。

ですので暦の上で、暑さが本格的になる「小暑」から、最も暑いとされる「大暑」の間に送るのが正しいとされています。

2016年の暑中見舞いは「いつから・いつまで」送ればいい?

小暑が始まる【7月7日(木曜日)】から
大暑が終わる「立秋の日」である【8月7日(日曜日)】まで


届くように出すのが一般的なマナーとされています。

実はこの暑中見舞いを送る時期については諸説あるんです。しかし「暑い時期に送る挨拶状」という基本に従うと、

「梅雨明け」してから「立秋(8月7日)」が始まるまで

の間に送るのが正しいですね。

投函する期限は8月○日までが目安!!

ハガキをポストに投函してから相手まで届くのに約3日かかると計算すると、

投函する期限は

スポンサード リンク



8月4日くらいまでになります!

※8月7日の立秋を過ぎたら暑中見舞いではなく「残暑見舞い」に切り替わります

これらを考えて送るのに適したタイミングは、送る相手の方が住んでいる地域の梅雨明け状況や気温の状況にあわせるといいでしょう(梅雨の最中に送るのは変ですし、やはり「暑いなぁ」と実感する猛暑の頃が最高のタイミングではないでしょうか)

まぁでもはっきり言ってしまえば、ここまでしっかりと暑中見舞いを送る時期を把握している人はいないでしょうから、多少ズレても平気かなとは思います。

暑中見舞い用の葉書は「かもめ~る」です

暑中見舞いを送るときは、普通のはがきでも構いませんが、郵便局で「かもめ~る」という暑中見舞い専用の葉書が販売されています。

kamomail

パソコンでのプリントに適したインクジェット紙のはがきもありますし、年賀状のようにくじ付きですから、貰った方も喜ばれるはずです。

暑中見舞いの裏面に書く文章はこちらを参考に

いざ書こうとすると手が止まってしまいますよね?ですから、ここに裏面に書く文章例をご紹介します。これを自分なりにアレンジしてお使いください。
暑中お見舞い申し上げます

梅雨が明け今年もまた猛暑が続く毎日ですが
体調など崩されてはおりませんでしょうか。

私ども家族一同は、暑さに負けず元気に過ごしておりますゆえ、ご安心下さい。
各地で最高気温を更新し、熱中症で倒れられたというニュースを耳にしない日はないですね。
なにとぞ皆様くれぐれもお体を大切にご自愛くださいませ。

平成○○年 盛夏

⇒自分で書いているヒマはないという人はコチラが便利ですよ。

※希望のデザインと挨拶文を選べば全て印刷してもらえます♪

自分や相手が喪中のときには出して良いの?悪いの?

送る相手の方や自分自身が喪中であっても時節柄の挨拶ですので、送ってもまったく構いません。

喪中の相手に送ってはいけないのが年賀状ですが、年賀状では「明けましておめでとうございます」とお祝いの言葉が欠かせないのに対して、暑中見舞いは「お見舞い」の言葉を送るわけですから失礼にはあたらないそうですよ。

これは知らなかった!知っておきたいマナー

himawari

暑中見舞いの期間が過ぎると残暑見舞いを送る期間になりますが、これを続けて両方送るというのは間違いなんだそうです。どちらか一方を送ればそれで「夏の挨拶」は済むんですって。

それが夏のいつに送るかによって「暑中か残暑か」に変わるだけなんです。

誰か知人から暑中見舞いを受け取ったのに、送るのに適した時期が過ぎてしまったら、残暑見舞いとして送ればいいわけですね。

※なるべくなら速く返礼するのが理想ですので、あくまで時期が過ぎたらという場合です

⇒残暑見舞いの出し方のマナーはこちらをご覧ください

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ