雨の日の頭痛|頭が痛む原因と少しでも軽くする4つの方法

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 216

雨の日に頭痛がするのはなぜなのでしょうか?

この雨が関係して頭痛がする人のタイプには「雨の前日から頭が痛くなる人」と「雨が降った当日に痛くなる人」がいるみたいですね。

明日雨が降るのを100%に近い確立で予知できるほど、頭痛が雨降りのシグナルになる人も中にはいるといいますから、ある意味すごいですね。

雨が降る前から頭が痛くなるのは気圧の変化が原因か?


自分自身には関係なくても、天候の変化によって古傷が痛む人の話というのを一度や二度は耳にしたことがある人が多いはずです。

・台風が来るとなぜか腰が痛みだす
・骨折した箇所が治って何年も経つのに天気が悪い日は痛む

こうした気圧の変化を伴う天気が人間の体に影響を与え、痛みを感じたり症状が悪化する病気のことを「気象病」といいます。(お天気病という言い方もされます)

気圧の変化とは何も台風の接近だけではなく、雨の日にも起こっていますから、それがなんらかの形で頭痛という痛みを覚える人がいたとしてもおかしくありません。

また気象病は湿度の変化も影響しますから雨による湿度の増加も関係している可能性もあります。

気象病で現れる疾患はこのようなものです

頭痛・関節痛・神経痛・不眠・うつ病・倦怠感など
頭痛がひどい女性

なぜ気圧が変化すると人間の体に影響を及ぼすのか?


人間の体には外界の気圧や湿度が変化しても体の内部には影響が及ばないような維持機能が備わっています。

しかし、こうした維持機能がなんらかの原因で働かない場合には、体調不良や痛みといった形で現れてきてしまいます。

このような影響を及ぼす原因としては、極端な気圧の変化があり、寒冷前線の接近やフェーン現象などが代表的です。

偏頭痛持ちの人とそうではない人


普段から偏頭痛持ちで悩まされている方は雨が降りだすと、あるいは降る前からそれを察知して頭痛がひどくなるといいます。

頭痛が起きるのは脳の血管の膨張や収縮が原因とされていますから、雨の日の気圧の変化によってその症状がより強く出てきてもおかしくありません。

一方で普段はまったく偏頭痛がないのに雨の日だけ頭痛がするという人もいます。
こうした方は一度、病院にて専門医に診てもらうことをおすすめします。

雨の日の頭痛を少しでも軽くするには?



1.天気予報で雨が降ると分かったら
前日から寝不足にならないようにする

2.ストレッチや深呼吸をして
血の巡りをよくする

3.自分なりのリラックス法を見つける
(ハーブティーを飲む、など)

4.頭痛薬や鎮痛薬を飲む

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ