熱がでると関節痛になるのはなぜ?治し方は?薬は効く?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 09

熱が出ると関節痛が起こるのは、なぜなのでしょうか?

風邪をひいて発熱するとそれだけでも辛いのに、さらに足とか腰とかの関節が痛くなるんですよね(>_<)

私はよく風邪をひくほうでそのたびにカラダのどこかしらの関節が痛むんです。これがなぜそうなるのか、治し方や痛みを抑える方法がないか調べてみました。

なぜ熱で関節痛が起こるのか?その理由は?

netsu

くわしいカタカナ用語を使った難しい説明は抜きにして、ざっくりと説明すると

なぜ熱がでると関節痛になる?

スポンサード リンク

答え:風邪のウイルスに対する免疫作用のせい

なんですって。

※難しい理屈は知りたくない方は以下の文章は読み飛ばしてください(笑)

ちょっと詳しく説明すると、風邪をひくというのは体内にウイルスが侵入するってことですよね。

このウイルスが体内に侵入すると、それを防ごうとするカラダの免疫機能が働くわけですが、このときに分泌される物質のひとつが関節で炎症(=関節痛)を起こすわけです。

つまり風邪のウイルスが直接的に関節を攻撃して痛くしているのではなく、自分自身のカラダをウイルスから守ろうとする免疫の副作用で痛くなってしまうんです。

※ついでに言えば、風邪をひいたときの頭痛や発熱、筋肉痛も同じように免疫が原因で引き起こされます

風邪をひいて熱があるときの関節痛の治し方は?

風邪をひくと頭以外にも関節が痛くて眠れないときもありますよね。

この関節痛の治し方ですが、はっきり言ってしまえば

風邪を治すしか無い

と言えます。この痛み自体は風邪の副次作用といえるものですから、当然ながら風邪が完治すれば関節痛もひいていきます。

水分をしっかり摂って(食欲があればしっかり食べて)暖かくして安静するという普通の風邪への対処法をとってください。

kazekusuri

このときあまりにも辛い高熱や眠れないほどの関節痛があれば、解熱剤の服用も選択肢にいれましょう。この解熱剤には鎮痛の作用もあり、頭痛や関節痛の痛みも軽減してくれます。

特にインフルエンザのときは関節痛がひどいですから、ちゃんと医師の診察を受けて薬の処方を受けるのがベストですね。

症状が長く続く場合は病院で診察を受けましょう

このような風邪をひいてその熱のせいで関節痛が起こっているなら、風邪の治りとともに痛みも消えますが、こういった状態が長く続く場合(2週間や1ヶ月間)は医師の診察を受けた方が良いでしょう。

場合によっては膠原病の可能性があるそうです。

膠原病とは、カラダの免疫機能が暴走して、免疫が自らのカラダを攻撃してしまう病気です。風邪の症状による関節痛も同じような仕組みで起こりますが一過性で治ります。

しかし膠原病の場合、これが常態化してしまうんですね。膠原病のひとつである「リウマチ」は関節炎を起こしますので風邪をひいたときの関節炎の痛みと混同してしまうかもれません。

※こうした自己免疫疾患は男性よりも女性に多くみられます

ishi

最後にひとこと

数年前にインフルエンザにかかったときは高熱と筋肉や関節痛で、それはそれは死ぬ思いをしました。あのときは辛かったですね。

高熱が3日くらい下がらないし、全身のあちこちが痛みましたが、ただの風邪だと思って病院に行かずに治そうとしていました。しかし、一向に治らないので家族に付き添われて病院へ行ったところインフルエンザだと判明。すぐにタミフル(特効薬)を処方されて、翌日にはコロッと治ってしまいました(^_^;)

熱の理由や痛みの原因が分からないうちは不安で仕方がないのに、一旦、分かってしまうと妙にホッとします。痛みを抱えて不安がるくらいだったら、さっさと病院で診てもらうのが一番だと痛感した経験でした。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ