栗のゆで方【塩の量・時間】これさえ守ればパーフェクト!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 327

栗のゆで方って、どうしたらいいのでしょうか?

知人から栗をどっさり貰ってしまったんですが、今まで一度も自分で調理したことがありません(^_^;)

そこで今回いちから勉強して、正しい茹で方をマスターしました。初めての方でもすぐ理解できるように分かりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

最もノーマルな方法【鍋で茹でるやり方】

kuritakusan

どの家でもある普通の鍋でゆでる方法です。

鍋でのゆで方

1. 鍋に栗を入れる
2. 栗が水につかるくらいの高さまで水を入れる
3. 塩を1リットルあたり15gくらい入れる
4. 蓋をして強火で沸騰させる
5. 沸騰したら弱火にし、1時間ゆでる(途中で2~3回かき混ぜる)
6. 箸で触って栗が柔らかくなったのを確認する
7. 火を止めて自然に冷めるのを待ってから皮をむく


インターネットで調べると、ゆでる前に一昼夜(もしくは半日くらい)栗を水に漬けておいてからゆでるように書いているところもありますが、それは別にやらなくても平気みたいです(ただ、やったほうがふっくら仕上がるという意見もありますので、さらに手間をかけたい人はやってみてもいいと思いますが、差は感じられない気がします・・・・・)

※塩を入れるのは殻をむきやすくしたり、アクを取るためです
※栗は茹で過ぎても変化して味が落ちたりしないので、しっかりとゆでてください


時間短縮で茹でたいなら【圧力鍋でゆでる方法】

圧力鍋をお持ちなら、普通の鍋の6分の1の時間でガス代を節約して茹でられますよ!

圧力鍋でのゆで方

スポンサード リンク

1. 圧力鍋に栗を入れる
2. 栗が全身つかるくらいの水を入れる
3. 強火にかけて蒸気が出てきたら、そこから中火で10分加熱する
4. 10分経過したら火を止め自然に冷めるまで待つ


この圧力鍋でゆでるメリットは外の殻も内側の渋皮もすんなりむける点です。高温をかけるので皮が柔らかくなるんでしょうね。

※新しい圧力鍋ほど加熱時間は短く、古いタイプほど長くなるようです。5年以上前に買ったものなら15分くらい加熱したほうが良いみたいですよ。栗はゆで過ぎても味は落ちないので長く火にかけても大丈夫です
※鍋でゆでるのと違って塩は必要ありません


こちらの動画のようにゆでる前に栗の頭に十字の切れ込みを入れておくと更にむきやすくなるようです

これはびっくり!けっこういいかも?【炊飯器でゆでる方法】

最近ではお米を炊く以外に色んな料理(ケーキとか煮込み料理)を作る裏ワザが発見されつつある炊飯器ですが、なんと栗をゆでることも可能なんです!

炊飯器でのゆで方

1. お釜に栗を入れる
2. 水を栗より1~2cmほど高い水位まで入れる
3. お米を炊く標準モードでスイッチを入れる
4. 1時間~50分ほどでスイッチが切れたら出来上がり


鍋や圧力鍋でゆでるのはそばで見ていないといけませんが、この方法なら炊飯器にすべておまかせなので実は一番いいやり方もしれませんね。

suihanki

本来の使い方ではありませんが、栗自体が茹で過ぎても全然構わない食べ物ですので、機種によって作動時間が違っても出来上がりには差がないはずですしね。

電子レンジは危険です【絶対真似しないで】

究極の手抜きですが、電子レンジで栗が茹でられたらどんなに楽かと思います。

でももしやったとしたら、卵を電子レンジにかけたときみたいに加熱途中で「バーン!!!」と爆発すること間違いなしですので絶対にお止めくださいね。

卵と同様に中の空気が膨張して弾け飛んでしまいますので。実際にやってしまった人がいて、弾け飛んだ栗のせいで電子レンジが故障したということです(^_^;)

※たとえ少し殻に切れ目を入れても爆発は防げないのでご注意下さい!

最後にひとこと

時間の短さなら圧力鍋、楽チンさで選ぶなら炊飯器ですね。
私は今年、生まれて初めて栗ご飯を作ってみようと思います(^O^)

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ