窓の結露を防止する方法※お金をかけない簡単な対策がコチラ

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 353

窓の結露を防止する簡単な方法ってないの?

結露した窓
寒い冬の朝は特に思うこの疑問(泣)

洗濯物を室内干しした翌日の朝なんて、窓が大泣きしてるようにさえ見えてきます(T^T)

毎朝、毎朝、家中の窓を拭いてまわるなんて面倒くさい!って気持ちもだけど、時間的にも無理ρ(..)

とはいっても、拭き取らないとカビが発生しそうだし、建材が痛みそうだし。簡単に防止する方法があったら是非やりたい!と思いますよね♪

お金のかからない、ちょっとした手間だけで出来てしまう防止方法をまとめました。

結露はなぜ起こる?その原因とは?

まずはなぜ結露が起こるのかをしっかり知っておくと、ご自身でもその後の対策がしやすくなるでしょう。

寒い冬の曇り・雨の日は特に思う事でしょう。

「ジメジメしてて洗濯物が乾き難い!」

と思うその感覚。

それです!

空気中の水分が多くなっているのです。

空気中に含んでいられる水分の量には、実は限界があり、その「限界を超えてしまった分の水分」が結露として現れるのです。

空気中で水蒸気(水分)の状態で目に見えなかったものが、結露として、目に見える液体の状態になって現れるのですね(^_-)-☆

なぜ空気中の水分が窓だけに付いてしまう?


この空気中に含んでいられる水分の量は「温度」によって変わります。

温度(気温)が高い場合は、水分を多く含むことができる
温度(気温)が低い場合は、含める量も少なくなる


その時の気温で、今はどれ位の水分が含まれているのだろう?という疑問の答えを教えてくれるのが、

【湿度○○%】 という数値です。

冬の室内は暖房で20℃前後と温かくなっています。ですが、外気は10℃を切っていて冷え冷えの状態です。

その冷たい外気によって窓はひんやりと冷やされてしまいます。そして、その冷やされた窓の近くの空気から徐々に室内の空気も冷やされていきます。

温かい室内の空気が含んでいた多くの水分が、室温が下がり水分を抱えきれなくなってしまい、結果、窓に結露としてくっつくわけですね(´Д`∥)=3

結露ができるということは、「室内に水分が多くあった」ということなのです。

お金いらず♪で簡単!な防止方法

すぐに実行できる方法、という事でまずは「家にあるもので」「お金をかけず」に対策できるものから紹介します。

●換気をする         
1時間に1回くらいは窓を開けて、冷たい空気と温かい空気を入れ替える。
(朝起きた時の結露が気になる場合は、夜寝る前に1度空気の入れ替えをしましょう)
寒いから窓を開けるのには抵抗がある場合は、換気扇を回しましょう。
除湿機やエアコンの除湿機能を使うのもよいです。

●雨戸・シャッターを閉める  
⇒二重サッシだと結露が少なくなるのと同じです。
雨戸・シャッターで外気をさえぎりましょう。

●暖房器具はエアコンが◎   
⇒結露を発生しにくくする場合はエアコンやオイルヒーターが最も適した暖房器具です。
ヒーターを使う際は、部屋と窓際のの温度差を減らすために窓の下に器具をおきます。
時折、ヒーターで窓自体を温めるのもよいでしょう。

●食器用洗剤で窓ガラスを拭く 
⇒洗剤成分が水をはじかせるので、水滴がつきにくくなります。
効果は絶大!ですが長期間はもたないので、掃除がてら塗り直しが必要です。
初めに窓の汚れを濡れタオルでしっかり拭き取ってから行いましょう。         
水1リットルに、食器用洗剤を通常は50ml、結露がひどい場合は100mlを入れて、ブクブクと泡が出るほどしっかり混ぜ、タオルを浸し、しっかりと絞って窓を拭くだけです。※アルミの枠にもしっかりと塗りましょう。

⇒こちらの動画で詳しく解説されています


我が家はこれで結露がグッと減りました

我が家の場合は、シャッターを閉めている窓は結露が全く起きていません。直接外気を遮るのが一番の策だと思います。

シャッターのない部屋は、除湿機をこまめにかけています。タンクにたっぷりの水が溜まるので「取ったぞ~♪」と快感になり、愛用しています。

風邪予防の意味でもよく換気をする方なので、この3つの方法で我が家の結露はグッと減りました。

後は、お金の少々かかる方法ですが、窓に直接貼るタイプの防止シートも販売されていますので、試してみてもよいかもしれません(^O^)

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ