お歳暮の時期【2016年】いつからいつまで?関東と関西では違います!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 335

2016年のお歳暮はいつからいつまでに送ったらいいの?送る正式な時期は?

お歳暮の熨斗
激しさを増すデパートのお歳暮商戦!以前よりスタート時期が早まっているので、いったい「いつからいつまでに送るのが正式なの?」と疑問に思う人は多いことでしょう。

早すぎると押しつけがましいし、遅すぎると不快に思われそうですよねf(..;)

せっかく日頃の感謝の気持ちを込めて贈ることですし、喜ばれる時期に、喜ばれるものを贈りたいですね!

「送る正式な時期」や相場、喪中の場合の贈り方など参考にして下さいね♪

お歳暮の時期は「いつからいつまで」送れば良い?

近年、デパートのお歳暮商戦が激化してスタートが早まっていることなどもあり、11月末頃に、準備を始めて送る手配をする人達も増えていますが、

本来のお歳暮を送る正式な時期は?



12月13日(火)~12月20日(火)まで

「お正月事始め」という正月の準備を始める日である12月13日からが送る時期なのです。

年の瀬は、どこの家庭も非常に忙しくなるので、20日頃までには届く方がよいです。

※数の子、新巻鮭等、生鮮食品の場合は年末近くに送る方が親切と言われています

全国的には前倒し傾向にあります

先述のように、お歳暮の準備というのは全国的に早まっているため、実際に送られているお歳暮の時期は、正式な時期よりも前倒しになってしまっています。

終わりの時期は全国どこも20日と本来のままのようで、結果的にはお歳暮の期間が少々ですが延びてしまっています。

現在は全国的に12月10日~12月20日の間に送るようです。…ですが!関東だけは、12月1日~12月20日と開始の時期が本来とは大きくズレてきています。

12月上旬に届くのは主に、東京・神奈川のようです。

ここまで早まると、「年の暮れ」を意味するお歳暮の主旨から外れかけているのでは?と少々の疑問を抱いてしまいますね(?_?)

世間一般のお歳暮の【金額や相場】は?

お歳暮は、相手に喜ばれる品物を選ぶことが大切ですので、高価なものを贈りすぎるのは、かえって負担となってしまいよくないです。

金額にははっきりとした決まりはありませんが、準備しやすくする為に、一応の目安を書いてみました。

最近のお歳暮の相場は?

スポンサード リンク

●親戚、知人        ¥3,000~¥4,000
●お世話になっている上司  ¥5,000
●仲人           ¥5,000
●特にお世話になった方   ¥5,000~¥10,000


※お中元の2~3割増しの金額でが普通です。
※上司に送る場合は相手の都合もあるので、事前に、送ってもよいか確認をする方がよいでしょう。

品物は普段使いができて、なおかつ、相手の好む商品を贈るのが一番ですよ。

お歳暮の時期を過ぎてしまった場合の熨斗の表書きは?

お歳暮を持参した着物女性

お歳暮の時期を過ぎてしまった!という時の熨斗(のし)の「表書きは?」

●12月31日までに届く⇒「お歳暮」

それ以降に届く場合は?

●元旦~松の内(関東7日まで) に届く⇒「御年賀」
       (関西15日まで)に届く⇒「御年賀」

●松の内を過ぎて2月4日頃までに届く⇒「寒中御見舞」・「寒中御伺」

(2月4日…立春)

⇒お歳暮のマナーはこの動画でどうぞ


相手が喪中でも贈って大丈夫です

お歳暮はお祝いではなく、感謝の気持ちをお礼として贈るものなので、贈っても問題ありません。

熨斗(のし)は紅白の水引はかけずに送る

【白無地】の奉書紙または無地の短冊を使い、表書きは「お歳暮」と書きます。

※まだ四十九日が明けていない場合は、四十九日明け以降に送る方がよいでしょう。

明けるのを待つと、お歳暮の時期を過ぎてしまう!という場合は

 ≪松の内(関東は7日、関西は15日)が明けてから≫

2月4日の立春頃までに「寒中見舞」として送りましょう。

日頃の感謝の気持ちを贈る、その気持ちを大切にしていきたいですね(●^o^●)

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ