鏡開きはいつ?【2017年版】関西と関東では日付が違う?

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 012

2017年の鏡開きはいつ?関西と関東では日付が違うの?

正式な鏡餅
西の方から東へ嫁いできた私は「鏡開き」の違いにビックリでした!

日付が違う?!

って驚いた方、他にもいると思います(>_<)

数日ですが、違うんですよね!

地域によっては更に違うかもしれませんが、ここでは今年の鏡割りの日付と【関西】と【関東】の日付の違いをご紹介します。

2017年、今年の鏡割りはいつ行う?

2017年の鏡開きの日。

一般的には、

【2017年1月11日】の水曜日です!

1が多くて覚えやすい♪、と忘れっぽい私にはそういう事が嬉しいです(笑)。

しかもこの日付は毎年固定なので、来年も1月11日ですよ。覚えておきましょう。

関東を含め、一般的にはこの日のようですが、関西圏はちょっと違います。

関西圏の鏡割りの日付

スポンサード リンク

関西は【2017年1月15日】の日曜日
京都は【2017年1月4日】の水曜日
  

に行われます。

なぜ関東と関西では日付が違う?

なぜこのように地域により違いがあるかというと、、

鏡餅など正月飾りは「松の内」という年神様がおられる「正月の期間」に飾ります。

「松の内」というのは元々は1月15日までで、その期間の後、1月20日に鏡開きを行っていました。

ですが、徳川家康が亡くなった4月20日に「20日」が付くことから、関東近郊では20日を忌日として避けることになり、「松の内」15日から7日へ「鏡開き」20日から11日へと変更になったのです。

現在も【7日に正月飾りを下げ、11日に鏡開きをする】風習がそのまま引き継がれているのです。

ですが、徳川幕府の力が強く影響しない関西では、元々の松の内の最終日である「15日」に鏡開きを行うようです。

また関西地域では、元々のまま20日に鏡開きを行うところも多いようです。

引っ越しや、嫁ぐ際には注意が必要ですね(^-^)

⇒鏡餅ってこうやって作ってるんですね、初めて知りました


カチカチだけど、どう食べる?鏡餅の調理法

年神様にお供えした鏡餅を割って食べるのが「鏡開き」ですが、「いざ!食べる」と言っても期間の長さを物語るように、カチカチ・コチコチじゃないですか?

固すぎて無理だとは思いますが(笑)、、

≪絶対に包丁で切らないで下さいね(^_-)-☆≫

餅を刃物で切ることは「切腹を連想させる」とされていますので、鏡餅は木槌などでたたき割って下さい。

固いですが(汗)、頑張って細かく割った後の食べ方は、

●乾燥したままジュッと油であげて揚げ餅にする
●お雑煮にする
●お汁粉にする
●ピザの上にのせて、餅ピザにする


などが定番ですね。

私が好きなのは
★砂糖醤油を付けたり、のりを巻いて食べるですね♪

炭火で焼くお餅

カチカチの鏡餅を柔らかくするには

フライパンに餅が半分だけ浸るくらいの量の水をはり、細かくした餅を入れて蓋をして煮る(蒸す)。 5分前後でつきたてのような柔らかい餅になります♪

無病息災を願いながらいただきましょう♪

お供えした鏡餅には神様の力が宿ると言われていますので、ありがたく神様のパワーを頂き、1年間無病息災で過ごせるように願いながら食べましょう☆

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ