支那そばと中華そばとラーメンの違い|幸楽苑ではどう違う?

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 246

支那そばと中華そばとラーメンってどう違うのでしょうか?

昔風醤油ラーメン
単なる呼び方の違いなのか、それとも味噌とか醤油などの味付けが違うのか、ずっと気になってたんです。

「290円の中華そば」で有名な幸楽苑だと、メニューによって「中華そば」だったり「らーめん」だったりして、意味不明ですよ(^_^;)

そこで、いい加減スッキリしたくて徹底的に調べてみました!

支那そば・中華そば・ラーメンの違いはどこにある?

結論から言うと




支那そば・中華そば・ラーメンは全く同じものです!

全く同じ食べ物の呼び方が違うだけなんですね。

私の勝手なイメージでは

・支那そば・中華そば=醤油味
・ラーメン=味噌・とんこつ・塩・醤油(何でもあり)


とスープの味によって違うんだと思っていました(汗)

なぜ呼び方にバリエーションがあるの?


そこで新たな疑問として浮かぶのが、なぜひとつの食べ物にこんなに呼び方のバリエーションがあるのか?っていうことですよね。

それはどうやら時代によって呼び名が変わってきて、古い呼び名が廃れずに残っているからみたいです。

時代によって変わってきた呼び方の順番は

スポンサード リンク

南京そば⇒支那そば⇒中華そば⇒ラーメン

という流れで変遷をたどってきたといいます。

「ラーメン」っていう呼び方が一般的になったのは1958年に発売された「すぐ美味しい♪すごく美味しい♪」でお馴染みの日清チキンラーメン発売以後なんだとか。

だから意外とまだ歴史は浅いんですね。

⇒チキンラーメンがカルボナーラ風に?


南京そばっていう呼び方は初めて聞きましたが、ようは「中国をどう呼ぶか?」で呼び方が変わってきたのでしょう。

なにせもともとは「中国のそば」を意味する呼び方ですからね。

幸楽苑の「中華そば」と「らーめん」に違いはある?


290円の「中華そば」が看板メニューの幸楽苑ですが、メニューによって「中華そば」と「らーめん」呼称が入り乱れています。

特にややこしいのは「極旨醤油らーめん(390円)」でしょう。

「中華そば」とは100円の差があるのに、同じ醤油味で量的にも変わらない気がします。見た目で唯一違うのはナルトが載っているかどうかだけです(ナルト1枚が100円?)

幸楽苑でバイト経験がある人の話(真偽は未確認)によると


スープの味が違う(極旨醤油らーめんの方があっさり系)

らしいです。ホントかな??(^_^;)

中華料理屋の暖簾

最後のまとめ


でも、なんとなくですけど、昔ながらの古びた中華料理屋で食べるのが「中華そば」で、ラーメン二郎とか横濱家などの家系の店で食べるのが「ラーメン」っていう呼び方がしっくりくる気がします、個人的に。

そういえば、もう亡くなった祖父母は「支那そば」という呼び方をしてましたっけ。祖父母宅のすぐとなりが中華料理屋だったので、そこのご主人が出来たてアツアツの「支那そば」の丼を歩いて出前に来てくれたのを、ふと思い出しました。

祖父母の家も、その中華料理屋も、今はもうありません(>_<)

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ