薬を飲むときお茶で大丈夫?水以外でOKな飲み物は何?

スポンサーリンク

 

薬を飲むときお茶でも大丈夫? 水以外でOKな飲み物ってあるのかな?

冷たい日本茶
と大半の人が疑問に思ったことがあると思います!

「薬はお茶で飲むとダメ」という話、あれは本当なのでしょうか?

当たり前のように広く普及している話なので、いざお茶で飲むことになると、、、なんか気にしますよねf(^^;)

迷わず自信を持って堂々と飲めるようになりたいので、私が調べてみました。その真相をお伝えします。

お茶で薬を飲んでも大丈夫?体への影響は?

薬は一般的には水・白湯で飲むものとされています。

薬を溶かして吸収を促してくれます(^-^)

では、肝心のお茶は?

噂通り以前は、「貧血薬の鉄剤はお茶・コーヒーで飲んではいけない」とされていました。お茶・コーヒーに含まれるタンニンが、鉄剤の体への吸収を妨げるという理由からです。

ですが、研究が進んだ現在では、

お茶で飲んでも平気???




YES!お茶で飲んでも大丈夫!

とされています。

※薬効効果に大きな違いがみられず、タンニンの影響を心配することはないため

安心しました(^O^)=3
これで堂々と自信を持って飲めますね(笑)

水と白湯・お茶は大丈夫!で、他にも大丈夫な飲み物ってあるのでしょうか?

水以外でOKなのはどんな飲料?

これについては、本当に限られてしまい、

薬を飲んでも大丈夫な飲み物

●緑茶(日本茶)
●麦茶
●ウーロン茶


なら大丈夫です。しかし、お茶の類から離れることはできないようです。

まぁ、お茶でOKなら外出先でも薬が飲みやすくなるので、それだけでも有りがたいことですよね(^_-)-☆

⇒お茶は基本OKなんですが、濃い緑茶は避けたほういいみたいです


これで薬を飲んではいけない3つの飲み物とは?


ところで、噂で「お茶で飲んではダメ」と聞きますが、そういう噂が出るということは、他にも注意しなければいけない飲み物がありそうな気がしますよね。

これが、あるんです!!

これらの飲み物では絶対に薬を飲まないで下さい


●牛乳   ⇒薬物が消化管粘膜から吸収される速度が遅くなります。
       カルシウムなど薬と反応しやすい成分も多く含まれているため、
       薬効成分が胃酸で中和されてしまうこともあります。 

●ジュース ⇒ジュースは酸性のため、一緒に飲むと薬効が弱まります。
       一部の薬はジュースで分解されたり、吸収されにくくなります。

●酒    ⇒これは特に!絶対にやめて下さい。
       薬効が弱まったり、強くなったりするだけでなく、
       ≪期待された効果以外の作用が現れることがあり危険です!≫


グラスのオレンジジュース

絶対に水などの水分と一緒に飲みましょう

外出先などで、水がないためにペットボトルのお茶で飲むのは、先の説明で大丈夫だということが分かりました。

こういうやむを得ない状況で、薬を飲む時に注意しないといけないのが

絶対やってはいけない薬の飲み方

≪水なしでそのまま飲む≫

これは絶対にやめましょう!

水なしで薬を飲むと、薬が溶けずにそのまま排出されてしまいます。

また、薬が喉の辺りに引っかかったまま溶けだし、食道で炎症を起こすこともあります。

また、水なしで飲んだ粉薬が気管に入り、肺炎を起こしてしまった実例もあります。

病気の症状を早く治すことを考えましょう!
一般的な水・白湯で正しい飲み方をするのが回復への一番の近道なのです(^O^)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ