風邪で熱があるとき風呂(入浴)はOK?熱を下げる効果は?

スポンサーリンク

 

風邪で熱がある時ってお風呂(入浴)はOKなの?

浴室のバスタブ
熱を下げる効果があるなんて情報もありますよね?

大人の自分の体もですが、子供の入浴で迷う事って多いと思います。

自分の体だと「本当に怠いから無理」・「入った方が気持ち良くなりそう」など感じることができるため、ある程度、判断を付けやすいですが、子供の体だと本人に聞いても分からいですし・・・

「入ってOK」「入浴NG」という、ハッキリした結論が欲しい方!ぜひご覧下さい(^^)

熱があるとき入浴はダメ!という話を聞いたことは?

親やお婆さんなど、年齢層が高めの世代の方から「熱の時はお風呂はダメ!」と言われた事ってありませんか?

「熱があるとき風呂に入ってはいけない!」この話は昔のお風呂環境に理由があるようです。

昔は、お風呂が屋外の離れにあったり、お風呂がなく銭湯へ行っていたため、せっかくお風呂で温まっても、家へ戻る間に体が冷え切ってしまうので、お医者さんが風邪の時は「入浴しないように」と指導していたようです。

この考え方の「注意」の部分だけが現代にも引き継がれて来ているのですね(*_*)

熱があっても入浴OKな場合は?

現代は、熱があっても、熱の温度や併発している症状などに問題がないようなら、入浴しても大丈夫とされています。

ただ、それには条件があって

熱があっても入浴OKな場合



●熱が38℃未満(38℃以上の時はNG)
●嘔吐やひどい下痢の症状はない
●ひどい悪寒や倦怠感の症状はない
●食欲もあり元気である
●体の節々(関節)が痛くない


という場合のみなので、ご自分の身体とよく相談してください。
「微熱」・鼻水・咳など通常の軽い風邪の症状の時は、入浴して大丈夫そうですね(^-^)

熱すぎない、気持ちよく感じる温かさの湯船につかり体を温めましょう。夏場は体を綺麗に洗ってサッと流すだけでも良いようです。

※疲労を招くので長湯は絶対にしないで下さい!
※お風呂の後すぐ寝る時は、温まった体のほてりを取ってから布団に入りましょう。
※湯冷めをしないように気を付けましょう。


⇒風邪の時の入浴するタイミングを詳しく解説してますよ


入浴は熱を下げる効果があるの?

入浴することが直接「熱を下げる」効果に繋がるというデータはないようです。

ですが、入浴することが結果的に「風邪を治す」手助けとなることはあるようです。

お風呂に入るとポカポカと体が温まりますね。体が温まって体温が上がると、

体温を上げるとこんな効果があります!

●体の免疫力がアップする
●33度の温度で最も活発になる風邪のライノウイルスは熱に負けて弱ってしまう


お湯の力をかりて体温を上げる事で、こういった効果が期待できるようです。
なので結果的に風邪が治り、熱も下がることになります(^-^)

おもちゃのアヒル

入浴は風邪の不快な症状を和らげる効果も♪

入浴は温め効果の他にも、温かいお湯から出る蒸気で、加湿効果もあります。

主な加湿効果は?

●鼻づまりを解消
●喉のイガイガ感や不快感を緩和


また汗汚れを流し、体が温まることで気分もスッキリ爽快になるので、入浴できる状態の時は入ってスッキリするとよいでしょう(^O^)

風邪を引いてしまうと気持ちも滅入ってしまうので、気分のリフレッシュ効果もありますよね♪

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ