赤ちゃんの部屋の温度@「春夏秋冬」、何度が快適?湿度は?

スポンサードリンク

赤ちゃんの過ごす部屋の温度って何度がいいのでしょう?

気温計
春夏秋冬、季節によって違うだろうし、快適な温度・湿度って?

と初めての赤ちゃんの時に、これは本当に悩みまくりました(T0T;)=3

きっとそういうお母様方、多いですよね!?

なんとか奮闘しながらも1シーズン乗り切った♪と思ったら、すぐまた次のシーズン、そしてまた次のシーズンと結局、1年間ずっと悩み続けることになりますよねf(^^;)

着せる服の枚数によっても違ってきそうだし・・・
・・・ということで、春夏秋冬に合わせた「適温・湿度」をまとめてみました。

~春夏秋冬~それぞれの季節の部屋の快適な温度は?

赤ちゃんの体はまだまだ未発達なために、体温調節が上手くできません。
温度の影響をとても受けやすく、ひどい場合には、低体温、高体温にもなってしまいます(T^T)

季節毎の適温を参考にして、部屋の温度を快適に保ってあげて下さいね♪

春夏秋冬の快適な部屋温度は?



●春…25度
●夏…26~28度
●秋…22~25度
●冬…20~23度


※温度はあくまでも「目安」です。外気温は日々変わるので、温度差が大きくなりすぎないように調節してみて下さい!

夏の場合は、外気との温度差を5度以内におさえた方がよいようです。赤ちゃんの体が上手く体温調節できずに、体調をくずす事に繋がることもあります。

部屋の室温を目安の温度くらいに設定したら、服装は薄着にしてあげましょう♪

特に、は着せすぎに注意しましょう。寒いからと厚着させて、室温も適温に設定すると、かえって暑すぎになってしまいます。

夏の冷え過ぎにも注意しましょう!暑いからとオムツ1枚だけにして、室温も涼しい適温に設定すると冷え過ぎになってしまいます。

赤ちゃんに触れてみてチェックするポイント

スポンサード リンク

・暑すぎて背中に汗をかいていないか?
・寒すぎて手・足だけでなく体全体が冷えていないか?

赤ちゃんに触れて、赤ちゃんの様子に合わせて「適温」を調節していって下さい(^O^)

⇒電気代を節約してエアコンを使う方法です

暖房にも応用できる方法ですよ

赤ちゃんにとっての快適な湿度は?

赤ちゃんにとって快適な部屋というのは、温度はもちろんですが「湿度」も大事なんです!

夏場は、温度の高さに加えて、湿度が高いことでも熱中症になってしまうので注意が必要です。

赤ちゃんの部屋として快適な湿度は?

【40~60%】です

夏場は、エアコンの除湿機能を活用して湿度を調節しましょう。温度が少々高くても、湿度を下げれば過ごしやすくなる場合もあります。

また冬場は、加湿機を利用したり、部屋に濡れた洗濯物やバスタオルを干したりして、湿度を保つようにしましょう。

まずは、部屋に「湿度計」を置いておくとよいですね。デジタル式で時計が付いたカシオやシチズンの温湿度計が1000~2000円くらいで買えますよ(^-^)

※「部屋を加湿する方法」の項にいろいろな加湿の方法を書いていますので参考にしてみて下さい☆

赤ちゃんを寝かしつける母親

赤ちゃんにとって最適な部屋はこれ!

赤ちゃんが過ごすのに最適な部屋は「日当たりがよい」・「通気性がよい」部屋です。

「日陰になる部屋」は避けて、赤ちゃんの過ごす場所も「直射日光が当たる場所」・「すきま風の入る場所」は避けましょう。

私は、赤ちゃんの2度目の冬に、室温調節・服装の調節が上手くいかずに、可愛そうなことに、手をしもやけさせてしまいました、、。

痛々しい我が子の手を見るのは、本当に辛かったです(泣)
その時からとにかく、こまめに赤ちゃんの手や体に触れるように!触れるように!しました(~o~)

自分が感じている体感温度とは違うし、目で見ている赤ちゃんの様子だけでは判断できない事もあるし、とにかく、スキンシップにもなるので、いっぱい・いっぱい体に触れてチェックしてあげて下さいね♪

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ