チョコレートの食べ過ぎで腹痛・吐き気・鼻血?量と症状は?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 343

チョコレートの食べ過ぎで、腹痛・吐き気・鼻血??

かじりかけの板チョコ
こんな症状って出るものでしょうか?

症状が出てしまうのなら…食べても大丈夫な量は??子供や女性は特にチョコ好きの人、多いですよね(^-^)

ついつい食べ過ぎてしまって腹痛・吐き気を感じたら参考にしてみて下さいね☆

ここでは
・「食べ過ぎると腹痛・吐き気・鼻血が出る??」
・「チョコレートの適量~1日分の目安~」をご紹介します!

食べ過ぎると腹痛・吐き気・鼻血が出る??

甘くて美味しい♪癒される~♪などと、ついつい食べ過ぎていると、本当にこれらの症状が出る可能性があるみたいですよ!

チョコの食べ過ぎで起こる症状

スポンサード リンク



●腹痛
●吐き気・嘔吐
●鼻血

他にも…じんましん・気管支喘息・下痢・湿疹・頭痛などの症状が出たりもするようですよ!

チョコレートの適量~1日分の目安~

チョコレートアレルギーや、ニッケルアレルギーを引き起こす「カカオの量」というのは決まっていません。

個人の体質によりけりなので、アレルギーに対して1日何グラムまで!と言うことはできないのです。

ですが!特に気を付けて欲しいのは「高カカオチョコレート」です。

国民生活センターが発表した結果によると…高カカオチョコレートは普通のチョコに比べて

【テオブロミンを2.3~4.5倍含んでいる】そうです。

※テオブロミンとは?・・・チョコの苦味となる成分で、血管や神経に作用。一般的なチョコに含まれるテオブロミンは中毒を起こす可能性は低いと言われています(犬にとっては中毒性が高いため「犬にチョコはNG」が常識)

チョコレート並びにニッケルアレルギーのある人、幼児・高齢者、テオフィリン製剤を使用している人は特に注意が必要となります!!

チョコレートの1日の適量を、カロリーの面から考えると…栄養学上は

【約280kcal程度の板チョコ1枚程度】

なら毎日摂取しても問題ないとされています。

カカオ100%チョコ

ですが、カカオポリフェノールの摂取量や、砂糖なども含有していることを考えると、上記の板チョコも1枚の【三分の二の量】にするのがよいようです(●^o^●)

※カカオ量の多いチョコレートは特に!カロリー&テオブロミン量も増えるので要注意ですよ!

チョコレートダイエットや、チョコレートの健康効果なども人気のようですが、体調に影響の出ない程度の量を、美味しく楽しんで食べるのが1番だと思います♪

気を付けて下さいね(^_-)-☆

チョコレートに含まれる原因成分とは?

腹痛・吐き気・鼻血が出る原因は、チョコレートに含まれる成分にあります。

●チラミン
⇒血管の収縮を引き起こします。このチラミンの効果が切れると、反作用で急激に血管が拡張します。細い血管から血液が漏れ出て腫れあがる「血管性浮腫」の原因物質です。チョコレートを食べ過ぎると…「鼻の粘膜の腫れによる鼻血、じんましん、腸の粘膜の腫れによる腹痛・嘔吐・下痢」が起こります。

●テオブロミン
⇒気管支喘息の治療で使われる気管支拡張剤テオフィリンと同じ仲間。多量に摂取すると「吐き気・頭痛」などの症状が出ます。

●カフェイン
⇒多量摂取は、消化管系の興奮状態により下痢・吐き気をもたらします

これらの物質の作用は「チョコレートアレルギー」とされています。

ちなみに…2月14日のバレンタインからの数日間は、チョコレートを食べて具合が悪くなった子供の受診が増えるようです。このため「バレンタイン症候群」と言われているようですよ。

⇒もし食べ過ぎて鼻血が出てしまったときの対処法です(^^)


チョコレートでアレルギーが!!

カカオに含まれるニッケルによる「ニッケルアレルギー」が起こる場合があります。

ピアス・指輪・ネックレスなど金属に触れると「かゆみ・湿疹」が出る金属アレルギーの人は要注意ですよ!!

チョコレートはニッケルの含有量が多いので、食べ過ぎると金属アレルギーの症状が悪化するとされています!!

チョコレートアレルギーも、ニッケルアレルギーも、どちらも高カカオをうたうチョコほどアレルゲンの量も増えます。

注意して下さいね(^_-)-☆

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ