砂糖とグラニュー糖の違い|甘さやカロリーは?使い道は

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 042

砂糖とグラニュー糖の違いって何でしょう?甘さやカロリーの違い?

瓶のグラニュー糖とミルク
大きな違いがあるのなら、そのベストな使い道はいったい何でしょう?

「名前が違うから、なにか違うんだろう」となんとなく思いつつもそのままにしてる人、意外と多いのではないですか?

そういえば、粒の大きさが違うような?
グラニュー糖の方が甘くない気がする


などと私自身も最後に「?」が付いてしまいますf(ーー;)

この際しっかりと調べて、はっきりさせてみようと思います☆

砂糖とグラニュー糖の一番の違いは?

砂糖とグラニュー糖の一番大きな違いは

グラニュー糖の方が≪純度が高く≫雑味とクセが少ない
です。

「純度が高い」と聞くと、原料の美味しさがギュッと詰まってそうな響きがしますね(>_<)♪キュン

甘さやカロリーの違いは?

甘さの違い

・グラニュー糖  ⇒クセのない淡泊な甘さ
・上白糖     ⇒コクのある強い甘み


カロリーの違い(100gあたりの量)

・グラニュー糖  ⇒387 kcal
・上白糖     ⇒384 kcal


※他にも「角砂糖・氷砂糖・コーヒーシュガー」が グラニュー糖と同じ387 kcalで、糖類の中で最も高い数値です。



溶けやすさや料理の見た目に出る違い

結晶の大きさ

・グラニュー糖…結晶が大きい      
・上白糖…結晶が小さい


吸湿性

・グラニュー糖…吸湿性が低くサラサラ  
・上白糖…吸湿性が高くしっとり


焦げやすさ(料理の焦げ色や照りの付けやすさ)

・グラニュー糖…焦げにくい(焼き色が付きにくい/料理の照りが弱くなる)      
・上白糖…焦げやすい(焼き色が付きやすい/料理の照りが出る)
  
   

溶けやすさ

・グラニュー糖…上白糖より溶けにくい  
・上白糖…粒子が小さく溶けやすい


⇒粉砂糖がまぶしてあるチュロス、大好きです^_^


それぞれの特性を活かした使い道は?

●グラニュー糖

スポンサード リンク

・クセのない淡泊な甘さなので、コーヒーや紅茶に最適です。
・菓子や料理にも広く使われます。
料理の素材自体の味を生かしたい場合に、この淡泊な甘さが相性がよいです。
・焼き菓子などで焦げ色を抑えたい場合に利用されます。

●上白糖

・コクのある強い甘みは、料理・菓子・飲料など何にでも相性が良い万能型です。
・料理・菓子に焼き色を付ける、料理に照りを付ける、など仕上がりを美味しく見せる効果も大です。

つまりざっくり言ってしまうと

コーヒー等の飲み物⇒グラニュー糖
料理の味付けや仕上げ⇒上白糖

ということになりますね(^o^)

コーヒーと角砂糖
※角砂糖はグラニュー糖に湿り気を与えてプレス機で固めて乾燥させたものです

そもそもグラニュー糖って何?砂糖って何?

グラニュー糖は、砂糖の原料のサトウキビなどから抽出した「ショ糖」から作られていて

グラニュー糖は

【ほぼショ糖の結晶そのもの】

と言えます。だから余計なものが少ないのですね。
ちなみにグラニューは英語で「粒状にした」という意味があります(^^)

そして砂糖ですが、正確にいうと砂糖と私達が呼んでいるものは「上白糖」なんです。

砂糖というのは総称で、その中にグラニュー糖も含まれていますが、ここでは「砂糖=上白糖」ということで話を進めます。

その上白糖ですが、

・小さなショ糖の結晶を用意
     ↓
・転化糖(ショ糖を果糖とブドウ糖とに分解した糖液)を用意
     ↓
・小さなショ糖の結晶の表面に転化糖を振り掛ける
     ↓
・上白糖のできあがり 


こうした複雑な手順を経て上白糖は作られます!
ですので、グラニュー糖の方が純度が高いのです(^_^;)

上白糖を使うのは日本だけ!?

私達が砂糖と呼んでいる上白糖は、世界では「ほとんど使われていない」って知っていましたか?

普通、砂糖と言えば、上白糖の白い砂糖を思い浮かべますよね。

でも実は世界的にはグラニュー糖が「一般的」で、上白糖については主に日本で利用されているようです。

これを聞くと上白糖って特別感があると思えてきました(*_*)

万能型の甘味料だから上白糖様様~(^○^)♪と尊敬の念をもってありがたく使わせていただくことにします(笑)

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ