新札の交換はどこで?土曜・日曜日でも手数料無しの場所は?

スポンサーリンク

 

土曜日・日曜日も「手数料無し」で新札に交換できる場所!!
そんな場所が・・・けっこうあるんです(●^o^●)

3枚の1万円札
結婚式など急ぎの両替が必要な時、ぜひ参考にしてみて下さい。

「土曜日・日曜日でも交換できる場所」と「平日に確実に交換できる場所」がこちらです。要チェック!

土曜日・日曜日でも新札に交換できる場所

土曜日や日曜日に結婚式があるのに「新札の交換を忘れてた!」なんて時には非常に便利です。ほとんどの場所で手数料無料ですよ!

●結婚式場(または結婚式場があるホテル)
結婚式の新郎新婦
【交換できる確実性★★★】
結婚式場では、新札の交換を忘れた方のために、ある程度の新札を用意しているようです。
結婚式場のあるホテルでも、同様に新札の用意をしている事が多いようです。

中には新札の交換ができない式場・ホテルもありますので、念のため事前に電話で確認をしましょう。 レストランウエディングの場合は、用意がない場合も多いようですので特に注意が必要です。

※電話で新札の確認を取れたら、祝儀袋には予め名前等を記載しておき、当日は交換してもらったお金を入れるだけの状態にしておきましょう!

●デパート・百貨店
銀座の和光ビル
【交換できる確実性★★】
大手デパート・百貨店では祝儀袋を買った際に、新札に交換してくれるサービスを行っているところもあるようです。
あくまでも購入した方へのサービスのようですが、丁寧にお願いしてみるだけでも可能性に繋がるかもしれませんね。

●コンビニのATM
コンビニATMと男性
【交換できる確実性★】
コンビニのATMには高確率で新札が入っているようです。

機械の中にできるだけ多くのお札(お金)を入れるために、かさばらない新札を入れているようです。ある程度まとまった金額を引き出せば、求めている枚数の新札が含まれて出てくるかもしれないですね。(交換できる確実性は低いかもしれません・・・・・)

※利用されている銀行によっては土曜・日曜日の取引には手数料がかかります

最後の駆け込み寺「土日に営業している郵便局」を探せ!

ここから先の方法は、交換できる確率が少し低くなりますが、本当に困っている場合は試してみるだけでも、もしかすると状況が変わるかもしれませんね。

●土曜日や日曜日に営業している郵便局
鎌倉の郵便局
【交換できる確実性★★】
その地方で一番大きな中心となる郵便局のみのようですが、郵便窓口が開いているところがあります。

外貨両替など両替を行う貯金窓口はどこも閉まっていますので、両替を受け付けている可能性や新札の用意がある可能性は非常に低いですが、運が良ければ売上金の中に新札があるかもしれません。

交換に行く前に電話で問い合わせてから行ってみて下さい。

土日に営業している郵便局を探すには

「お住まいの地域名」+「郵便局」+「土曜日」+「日曜日」で【検索】

すると検索結果1位に表示されるはずです!営業時間などが分かりますよ。

※「郵便窓口」が土日に営業しているか確認しましょう
※「ゆうゆう窓口」ではそもそも両替を受け付けていませんのでご注意を!

平日に新札に交換できる場所ならたくさんアリ!

平日なら家の近辺でも手軽に交換できる場所がたくさんあります。

平日に交換できる場所一覧

  • 銀行窓口
  • 信用金庫窓口
  • 郵便局窓口(民営化後は新札の交換もできるようになっています)
  • 銀行の両替専用の両替ATM(銀行の営業時間内のみ利用できます)

銀行の窓口が混んでいる場合は、両替ATMなら簡単な操作で手早く終わるので便利です。

※銀行の両替ATMは、1万円を投入して「1万円へ交換」と指定すると、新札が出る仕組みになっているようです。

交換できないときはこれ!古いお札を新札同然に再生させる方法

あちこち回ったけど、どこでも交換が出来なかった・・・そんなときはお持ちの古いお札をなんとか新札同然になるように手間暇かけてトライしてみましょう!

アイロンをかけてピシっとさせる方法

青いアイロン
お札全体に、霧吹きで水を十分に吹きかけてポリ袋に入れる

水分がお札にしっかりと浸透するまで放置する

袋から出したお札にハンカチなどで当て布をして、低温でゆっくりとしわをのばしていく

温かいままのお札を、厚手の本の間に挟んでプレスする

冷める頃にはしわが取れています

窓に貼り付けて矯正させる方法

窓に向かう人
お札を破れない程度に水に浸ける

窓にぴったりと貼りつける(窓とお札の間の水分を押し出して貼り付けます)

自然乾燥させる

乾燥したらゆっくりと丁寧に剥がします

しわのないお札に!

こんな意外な場所で交換した人もいます

私の友人に聞いた話ですが、どうしても日曜日に新札が必要になり、困り果てて行きつけのコンビニのレジで相談したら、ピカピカの新札と交換してくれたそうです^_^

売上金の中に運良く新札が入っていれば対応してくれるみたいですね。業務外の事をお願いするので、邪魔にならないようにして丁寧にお願いしてみると良いかもしれません。(何かを買うついでに頼むとウザがられないでしょう)

もしかしたらスーパーのサービスカウンターでも、可能性があるかも?

と、ここまで確実に新札に交換する方法から、お札のシワをのばして新札のように仕上げる方法まで、いろいろと書いてみました。

いずれかの方法で、なんとか無事に新札を入手できるといいですね(^-^)幸運を祈ります!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ