2017年関東のお中元の時期【いつからいつまで】に贈る?

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 36

お中元を持つ浴衣姿の女性
2017年(平成29年)の関東でのお中元の時期はいつからいつまでなんでしょうか?

地域によって出す時期が違うっていいますが、関東地方だとだいたいいつ頃出せばいいのか、私自身、いまだによく分かっていません・・・・・・

そこで贈るのに失礼のない最適なタイミングと、送る際に絶対に守らなきゃいけないマナーについてまとめてみました!

2017年の関東のお中元を出す時期は?

今年のお中元はいつだせばいいのか、カレンダーでチェックしましょう。

2017年の関東のお中元時期は?

7月1日~7月15日まで
2017年7月のカレンダー
つまり
⇒7月の初旬に送れば間違いなし!
ということになりますね。

なぜ地域によって出す時期が違うの?

関東と関西という区分けというより、大きく分けて東日本と西日本で分かれます。つまり日本国内で送る時期が2つに分かれるということですね。
※西日本では8月初旬から8月15日までに贈る習慣です。
(現在は西日本でも7月初旬~7月15日までに贈る習慣に変わりつつあります)


なぜこのように東日本と西日本で贈る時期が1ヶ月ズレるかというと、お中元を贈る「中元」という日お盆の関係性にありました。

中元とは中国から伝わった「節日」のひとつで、お盆と同じ7月15日と決まっています。この日に中元の日の贈答品とお盆の贈答儀礼を兼ねて「お中元」が贈られるようになったのですが、お盆を1ヶ月遅れで行う地域ではお中元も1ヶ月遅れの8月15日までとなったのです。

現在では関東を含む東日本でもお盆は8月15日になっていますが、お中元だけは「中元」の本来の期日である7月15日に合わせているということです。

これを知らないと恥をかく7つのお中元マナー

今年初めて会社の上司に贈る人などは、こんなマナーがあるってことを頭の片隅に入れておいてくださいね。

お中元の7つマナー

スポンサード リンク

●贈る時期は先方が住んでいる地域の慣習に従う
●先方の慣習がどちらか判別できずに贈る時期に迷ったら7月中旬に贈る(東日本と西日本の時期が重なるタイミングなので)
●関東での贈る時期(7月15日)を過ぎてしまったら「暑中お見舞い」、8月7日を過ぎたら「残暑お見舞い」として贈る
●お中元商品は¥3,000~¥5,000ほどが相場価格
スリッパなど履物類は「踏みつける」意味があるので贈ってはいけない
●上司や親など目上の人には「勤勉奨励」の意味がある時計や筆記具は贈ってはいけない
●喪中の年でも贈って構わないが、不幸から日が浅い場合は少し日にちをズラして無地の熨斗で「暑中お見舞い」として贈る

これを贈れば間違いなし!定番お中元商品を紹介します

お中元は夏に贈るものなので、定番は夏に美味しく食べられるもの・飲めるものですね。

  • そうめん
  • 水ようかん
  • 黒毛和牛の切り落とし
  • お酒(プレミアムビール・ワイン
  • ジュースやカルピス
  • 産地直送品
  • 黒毛和牛
  • カタログギフト
>>>売れ筋1位の黒毛和牛のお中元を楽天市場で見てみる<<<

保存が効くもの、日持ちがいいものがベスト

マナーとはちょっと違いますが、贈る品物への配慮は必要かもしれません。

たとえば少人数の家族に生物を大量に贈るのは避けたほうがいいでしょうね。それに旅行前や旅行中に届いてしまうケースも考えて「保存が効くもの、日持ちがいいもの」が向いていると思います。

夏はナマモノが傷みやすい時期ですからね。

でも個人的には普段、自分では絶対に高くて買えない黒毛和牛とか貰ったらうれしいですねぇ・・・・誰かくれないかなぁ(^_^;)

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ