初午2017年はいつ?意味と初午いなりを食べる由来とは?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 41

2017年の初午はいつなんでしょうか?

今年の日程と、初午の意味や、この日に食べる稲荷寿しの由来についてまとめてみました。

2017年の初午はいつ?2月の何日?

神社の鐘

まずは今年の初午が2月の何日に行われるのか、そこからチェックしていきましょう!

2017年(平成29年)の初午は?

2月12日(日曜日)です!

いつが初午の日になるのかは

「2月の最初にやってくる午の日

が何日になっているか?をカレンダーで見れば分かります。年に十二支があるように一日ごとにも十二支が設定されているんですよ。

ですから、この初午の日は毎年、日付が変わるんですね。

初午とは?どんな意味があって、何をする日?

では、初午とはどんな意味がある日なのか、何をする日なのか、そのあたりをざっくりとですが箇条書きでまとめてみます。

初午とは?

スポンサード リンク




●711年に伏見稲荷大社の主祭神ウカノミタマが稲荷山に降りた日
●その日がちょうど「初午」だった
●その日を「初午祭」として稲荷社に「初午詣」をするようになった
●豊作祈願と稲荷信仰が結びついたもの
●お稲荷様の誕生日とする見方もある
●全国の稲荷神社で油揚げが奉納される
●京都の伏見稲荷大社のほか、愛知の豊川稲荷や佐賀の祐徳稲荷神社の初午祭が有名
●奈良県には旗飴というハロウィンに似た習慣がある(子供が家を訪ね旗飴をねだる)
●地方によっては蚕や牛馬の祭日とする風習もある
●初午太鼓という奉納太鼓が行われる地域もある
●一年で最も運気が高まる日と言われている
●旧暦では2月に行われていた(農作業が始まる間際)

※初午大祭の読み方は「はつうまたいさい」です。

伏見稲荷大社の初午大祭

全国に約3万社もあると言われるお稲荷さんの総本宮が伏見稲荷大社。

こう説明されてもパッと思いつかないかもしれませんが、鳥居が間隔を置かずに並べられた「千本鳥居」のイメージはすぐ思い浮かぶのではないでしょうか?

千本鳥居

この伏見稲荷大社で行われるのが初午大祭です。

社頭では参拝者に「しるしの杉」が授与され、これは商売繁盛や家内安全のご利益があるそうです。

まだ京都に行かれた事ない方、行ったけれど伏見稲荷大社には行かなかった方はこの時期に合わせて訪れてみてはいかがでしょうか?


京都は家から遠すぎるという方は「日本三大稲荷」とされている他の稲荷神社に出向いてみるのもいいですね。

この日本三大稲荷は伏見稲荷大社は決まりとして、あとのふたつは
・笠間稲荷神社(茨城県笠間市)
・祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)
・最上稲荷(岡山県岡山市北区)
・豊川稲荷(愛知県豊川市)
が有力候補なのですが、諸説入交り、どれがそうとは決まっていないそうです(汗)

初午の日に「おいなりさん」を食べるのはナゼ?

稲荷寿司

初午の日に特別に食べる食べ物といえば「初午いなり」です。

その名の通り「いなり寿司」なんですが、稲荷神社とおいなりさんの関係をご存知でしょうか?

それにはこんな由来があるんです。

稲荷神社と稲荷寿司との関係とは?

お稲荷様の使いの者(眷属)が狐だった

狐の好物は油揚げ

油揚げをお稲荷様にお供えするようになった

油揚げに寿司飯を詰めたものを「稲荷寿司」と呼ぶようになった

と、まぁ、このような流れで稲荷寿しが生まれたわけですね。

稲荷寿しをよく見ると昔の米俵に見えませんか?この形にも意味があって、稲荷神社の宇迦之御魂神は商売繁盛と豊作の神様なので、お供えする稲荷寿しは米俵を模しているというわけなんです。

私もそうですが、ほとんどの人が「稲荷寿司」とは呼ばず「おいなりさん」と敬称を付けて読んでしまうのは、どこかで敬う気持ちがあるからなのかもしれません。

最近ではセブンイレブンやファミリーマートなどの大手コンビニでこの日に合わせて「いなり寿司」を特別に売り出すようになりました。馴染みのない若い人はそんなところから初午を知るきっかけになりそうです(^^)

※お稲荷様の使いの狐は、狐の姿に似た神霊なんだそうです。ですからあのコンコンと鳴く動物のキツネとは(正確には)違います。

さいごにちょっと感想をすこし

この記事を書いていたら稲荷寿しが食べたくなってきました。

でもそれだけで食べると口の中が甘くなってしまって、苦手です。

ですからスーパーで買うときはいつも助六寿司という太巻きとセットになっているパックを買います(^^)

この間食べたのは黒砂糖で味付けしたものでした。珍しいですね。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ