栗の食べ方|簡単で美味いのは焼く【焼き栗】がNo.1

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 310

栗の食べ方で簡単なのって何かないですかね?

いや先日、知人からザルいっぱいの殻付きの栗を頂きまして、これをどうやって食べたらいいのか、かなり困っているんです。

栗ご飯がすぐに思いつくけれど、手間がかかって面倒そうだし、もっと他になにかないかなと探してみました。

茹でてスプーンですくって食べる【超シンプル】

kurisan

一番簡単な食べ方がこれでしょう!

1. 栗を殻ごと茹でる
2. 茹で上がったら包丁で真ん中で二等分する
3. スプーンでほじくって食べる

やってみたなかでこれが一番手間がかからないで楽な方法でした!
殻をむかないで食べられる唯一の方法ですね。

蒸してホクホクとした食感を楽しむ【蒸し栗】

二番目に簡単な食べ方がこちら。

1. 栗を殻ごと蒸し器で蒸す
2. 蒸しあがったら包丁で二等分する
3. スプーンですくって食べる

茹でたのとはちょっと違うホクホクとした食感がいいですね。

yugenabe

渋皮ごと素揚げする【マロンフライ】

ちょっと面倒だけど香ばしい食べ方がこちら。

1. 栗の殻をむく
2. 渋皮が付いたまま、熱した油(170℃)で5分くらい素揚げする
3. 塩を少々ふる
4. 渋皮をむいて食べる

揚げた後に渋皮をむくのはわりと楽です。冷蔵庫で保存して冷たくなったのも美味しく食べられましたよ。

※栗の渋皮とは殻をむいた後の実についているザラザラした皮のことで、これを向くのがすごく面倒くさい作業なんです

栗を焼いて食べる方法【焼き栗】

私がやってみて一番「美味い!」と思った食べ方がこちらです。

1. 生の殻付きの栗に包丁で切れ込みを入れる
2. 魚焼きグリルの底に水を入れ、15分間くらい焼く

あっつあつのほこほこですごく美味しいです。茹でたサツマイモと焼き芋がどっちが美味しいか?って言ったら、やっぱり焼き芋だと答えるように栗も「茹で栗」よりも「焼き栗」の方が味では断然上回りますね(^O^)

※栗には包丁の角の部分をぎゅっと押し付けて、しっかりと深めに切れ込みを入れてください。そうしないと栗がはじけることがあるそうです
※オーブンレンジで焼く場合は200℃に温めたところにアルミホイル等を敷いて15分くらい焼きます(加熱が終わった後もはじける危険性があるので十分ご注意を)


⇒フライパンでも作れますよ(こっちのほうが楽かな)

生で食べられないの?

栗って生で食べられるのかというと「食べられます」。昔の人は実際にそうやって山に入っては栗を取って生のまま食べていたそうです。

でも生でたくさん食べると皮膚病になるリスクがあったり、虫がよく卵を産み付けていますから、火を通して食べたほうがベターですね。

栗は冷凍保存できます

あまりに大量に栗を貰ってしまうと食べきれないときがありますよね。そんな栗は冷凍庫で冷凍保存ができますよ。

栗は茹でていない殻が付いた状態の生栗のままで冷凍OKです。使うときはそのまま解凍せずに茹でられますので。

冷凍するときはジップロック等の保存袋に入れて匂いが移らないようにします。

coolni

※生栗はそのまま保管すると虫食いがでますので、すぐに茹でたりして食べるか、あるいは冷凍保存をしましょう

鬼皮ってなに?

栗のレシピを調べているとよく「鬼皮」という表現を見かけます。普段あまり周りでは使ってる人がいない言葉だったので「?」と疑問でした。

鬼皮とは木の実の外側の厚くて硬い皮のことを指すんだそうです。栗に限らずそう呼ぶそうですが、内側にある薄い皮(渋皮)と対比した表現なんですね。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ