バターの代用はオリーブオイルでOK!

バターを使おうとしたら、ケースの中が空っぽ……。

料理では色んな場面でバターの出番があるんですが、最近のバター不足のせいで切らしているご家庭も多いのではないでしょうか?

少し前には、スーパーの棚からバターが消えた!とのTVのニュースが流れていましたよね。

それに安くて手頃なバターはいつも品切れで、入荷日がいつかも分からない状態が続いていたり……。

そこで、そんなピンチのときに

  • バターの代用はオリーブオイルでもOKなのか?
  • 代わりに使うとしたら量はどれくらいか?
  • マーガリンでも代用できるのか?

などなど、「しまった!」と気づいたときの対処法をまとめておきますね。

スポンサーリンク

バターの代用はオリーブオイルでOK!その理由とは?

オリーブオイルとパン

まず結論から言ってしまうと

ずばりオリーブオイルはバターの代わりになります!

それはなぜかというと、バターは「動物性脂肪」、オリーブオイルは「植物性脂肪」という違いはあるものの、バターもオリーブオイルも油脂であることには変わりないからです。

よって、バターがないときは基本的にオリーブオイルで代用できます。

しかし、バター独特の風味はオリーブオイルにはありません。

ですから、バターの風味を楽しむような焼き菓子には合いません。そこだけは要注意!

バターの代用としてオリーブオイルを使うときのポイント!

  • パン作りにはピュアオリーブオイルが最適。さわやかな香り、ふんわりとした軽い柔らかさが出ます。
  • エクストラヴァージンオリーブオイルにはオレイン酸が含まれているので栄養満点!
  • 当然といえば当然ですが、サラダ油もバターの代用になります。

通常の代用と溶かしバターの代わりに使うときの量

続いて、オリーブオイルをバターの代用として使うときに、バターの使用量とオリーブオイルの使用量はどのように判断すればいいのか?ご紹介していきましょう。

まず、「固形のバター」の代用としてオリーブオイルを使う場合は

⇒バターの分量の3分の1~半量くらいが適当

「溶かしバター」の代用としてオリーブオイルを使う場合は

⇒バターと同分量でOK

これはあくまで目安量ですので、厳密に守る必要はありません。

好みの仕上がり具合に合わせて調整してみましょう。

バターの代用にマーガリンはOK?

バターとマーガリンは兄弟姉妹のような関係ですよね。

そもそもマーガリンはバターの代用品として開発されただけあって

⇒バターの代用として、マーガリンは使えます!

これは嬉しいですね。使用量もレシピにあるバターと同分量で大丈夫だというので、とても使いやすいです!

お菓子作り・パン作りに使えますが、バターの風味だけは出せないので「あっさりとした味」になることだけは目をつぶらないといけませんが……。

スーパーでよく見かける以下の商品は

  • 小岩井の「マーガリン(発酵バター入り)」
  • 雪印メグミルクの「まるでバターのようなマーガリン」
  • ラーマの「バター好きのためのマーガリン」

これらはバターの風味を追及したマーガリンのようなので重宝しますよ。

コンパウンドマーガリンをご存知ですか?

バターとスプーン

バター代用品として販売されている「コンパウンドマーガリン」をご存知でしょうか?

※コンパウンドマーガリンとは…バターを添加したマーガリン
(普通のマーガリンはバターを添加していません)

このようにコンパウンドマーガリンはバターを添加しているので、マーガリンよりもコクのある風味で、バターよりはあっさりしています。

こちらもやはり、レシピのバターと同分量で代用できます。

スポンサーリンク

マーガリンでお菓子やパンを作ると、どんな仕上がりに?

■パン
切った食パン

⇒「しっとり」ふんわりと、そしてバターよりもソフトな食感に仕上がります。
練り込むタイプの生地に最適です!折り込むタイプには×。

■パウンドケーキ
パウンドケーキ

⇒軽くふんわりした食感で、あっさりした風味に。
バターよりもクリーム状にしやすいので作業もスムーズに進められます。

■スポンジケーキ
手作りスポンジケーキ

⇒食感の軽いあっさりした風味のスポンジになります。仕上がりはバターと同じです。

■クッキー・タルト
コーヒーとタルト

⇒サクッと軽い食感に。クリーム状になりやすいので、手早く作業するのがコツです。