男性と女性の40代の平均体重は?

40代の平均体重って何キロくらいなのでしょうか?

男性も女性も40歳を過ぎると「最近どうも脂肪が付きやすくなったな~・・・」としみじみと感じている頃ではないでしょうか?

食べる量は以前より少ないのに!と思っている方も多いことでしょう。一般的に、体に「大きな変化」を感じ始めるのは35歳からって人が多いですし。

痩せにくい、脂肪が付きいやすい、だるい・・・・・。

40代になると、それが更に進んで改善もなかなか困難になってきます。もっと困難になる50代になる前に改善したいですね。

そこでこの記事では

・「40代の平均体重(男性・女性)」
・「肥満を判定する2つの方法」
・「肥満の場合に心配される病気」
・「40代向けダイエット!~効果的な運動~」

をご紹介します。

スポンサーリンク

40代の平均体重は?男性と女性のデータ

【男性】⇒ 70.5kg 【女性】⇒ 54.7kg
 
 
厚生労働省が発表した「平成24年度|国民健康・栄養調査の身体状況調査」の結果によると…

40代(40~49歳)の平均体重は?

【男性】⇒ 70.5kg
【女性】⇒ 54.7kg

※上記の平均体重は、男性の身長が170.9cm・女性が157.9cmという「平均身長」であった場合の平均値です。

個人的には思ったより「平均は軽いなぁ」という印象です。

私の周りの40代の女性は60kg近くある人が多いので・・・・・・・。

このデータを見てどう感じました?「想像より多い」と感じたでしょうか?

平均体重では自分の「肥満度」は測れない?

平均体重では「肥満度」は測れない?

身長が平均値の前後くらいであれば体重も参考になるでしょう。

しかし身長が大きく違う場合は、どうしたらいいのでしょうか??

自分の体が本当に肥満体なのか?はこれからご紹介する「肥満を判定する2つの方法」で白黒ハッキリしますよ。

まず、そもそも「この身長だったら、これくらいの体重がセーフライン」ということは一概には言えません。

同じ体重でも、筋肉が多くてその体重の場合もあれば、筋肉が少なくて脂肪が多いためにその体重、ということもあります。

なので…肥満体かどうかの判定には【BMI(Body Mass Index)】を使用します!

BMIとは?

肥満指数(痩せているか太っているかを測る指数)のこと。

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))という計算式で割り出します!

 

例えば身長160cm(1.6m)、体重52kgの人なら…

BMI=52÷(1.6×1.6) ですのでBMIは20.3125 です。

これを小数点以下第2位を四捨五入して【BMI=20.3】とします。

 

~肥満となるBMI数値は?~

●低体重(痩せ型)…18.5未満
●普通体重… 18.5以上~25未満
●肥満(1度)… 25以上~30未満
●肥満(2度)… 30以上~35未満
●肥満(3度)… 35以上~40未満
●肥満(4度)… 40以上

統計上で最も病気にかかりにくいと推定されるのが【BMIの22】です。

ですから、健康のためにはそのBMI22という数値を目標に食事制限をしたり運動を続けるといいですね。

ヒトの体は外からは「太っているか?痩せているか?」本当のところは分かりません。

それを客観的な数字で判定できるのがBMIのいいところ。

「肥満」とは、体の脂肪が一定以上に多くなった状態のことです。

アスリートのようにガタイが良くても、筋肉や骨の割合が多く、脂肪が少ない人は肥満ではありません。
 

スポンサーリンク

ウエストの太さで分かる肥満度チェック

肥満はふつうBMIで判断されますが、アスリート体型のケースなどもあるため内臓脂肪の量を考慮して肥満判定をするようになってきています。

その内臓脂肪の量は

腹囲(へその高さのウエストのサイズ)

でだいたいわかります。

脂肪がついたお腹

 
 

腹囲を測ってみて

●男性⇒85cm以上
●女性⇒90cm以上

である場合は「内臓脂肪型肥満」と判定されます。

肥満の場合に心配される病気

検診では、腹囲が上記の基準値以上かどうかを特に重視しています!

内臓脂肪が増えるとかかりやすくなる病気

●高血圧
●脂質異常症
●動脈硬化
●糖尿病

高血圧/脂質異常症/動脈硬化は、脳卒中(脳梗塞・脳出血)、心臓病(心筋梗塞・狭心症)の要因となります。

内臓脂肪から、これらの病気になりやすくなる物質が多く分泌されるようになります!

腹囲に合わせてBMI25以上の場合は、今現在、血圧・血中コレステロール・血糖値などに異常がなくても、こうした病気になりやすくなるので、十分気を付けなければなりません!

40代向けダイエット!~運動方法~

40代向けダイエットは有酸素運動

基礎代謝量の落ちた40代の体を肥満に導く要因は、主に「運動不足」だと考えられています。

肥満解消には、効果的な運動をするのが1番です!

問題の「内臓脂肪」は、ありがたいことに皮下脂肪よりも運動で減らしやすいのですよ♪

そこで最適なのが体脂肪を効率よく燃焼させる

⇒【有酸素運動】です!

有酸素運動でたっぷり酸素を取り込んで、脂肪をたくさん燃焼させましょう!

40代でもできる有酸素運動にチャレンジ

40代になって体力が落ちたと感じる男性・女性でも始められる有酸素運動がこちら。

手軽な有酸素運動メニュー

●ウォーキング
●アクアサイズ(水中運動)
●エアロビクス
●軽いジョギング
●エアロバイク・サイクリング

⇒効果的なウォーキング方法がこちら(^^)

慢性的な運動不足の場合はウォーキング(手軽に10分程度のウォーキング×1日数回)でも効果大ですよ。通勤・買い物などでもいいので、短時間でもまずはやってみる事が大切です!

坂道や階段は、足腰に負荷がかかるので更に効果的ですよ。

腹筋・背筋を使って正しく姿勢を保ち、腹式呼吸で深い呼吸を続けるだけでも基礎代謝量は大きく変わります。正しい姿勢・呼吸を意識して有酸素運動をすると効果アップですね↑↑

逆に…悪い姿勢で運動をしてもなかなか効果は出にくいものです。ご注意を!
 

スポンサーリンク

まとめ

40代の平均体重をお伝えしてきました。

あらためて、そのデータを確認してください。

・40代の男性の平均体重は、70.5kg
・40代の女性の平均体重は、54.7kg

この記事でご紹介したように平均体重をオーバーしているからといって、すぐさま肥満だと判定することは出来ません。

平均体重よりもBMIで判定した肥満度のほうが頼りになる(信頼のおける)尺度です。

またウエスト(腹囲)を測ってみて、標準値以上であれば有酸素運動を行って未病の段階で痩せるのが得策です。

私は毎日30分~1時間くらいのゆっくりしたウォーキングを始めました。

これくらいなら私のようなインドア派で出不精の人間でも続けられると思いますよ。

スポンサーリンク