魚へんに豊でなんと読む?

魚へんに「豊」と書いて、鱧。

一瞬、うなぎ(鰻)と勘違いしそうですが、よく見ると違います。

どこかで見たことがある漢字ですが、読める人は少ないはず。

そこで、この記事では

  • 魚へんに豊かでなんと読むの?
  • 魚へんに豊かで○○と読む理由

など、こんな疑問にお答えしていきます。

さかなクンほど魚に詳しくない私ですが、バイト先での経験から知識はそこそこありますので、おまかせください。

スポンサーリンク

魚へんに豊かでなんと読む?

魚へんに豊かでなんと読むかというと、「はも」が正しい読み方です。

正解:鱧(はも)
漢字名
訓読み はも
音読み レイ・ライ
部首 うお・うおへん・さかなへん
画数 24画

もともと中国生まれの漢字に鱧があり、そこに日本でのこの魚の読み方(訓読み)として「はも」が当てられたわけですね。

※ちなみに中国語での漢字「鱧」は、はもではなく雷魚を指します。

はもの語源

「はも」と呼ばれるようになったのは

  • よく噛み付く性質から「食む(はむ)」が変化
  • 口に鋭い歯を持つことから「歯持ち」が変化
  • はもの中国名「海鰻(ハイマン)」が由来
  • 蛇の古い呼び方(ハミ)が由来

などなど、諸説紛々。

どれが正しいかは分からないそうです。

スポンサーリンク

はもが「魚へんに豊」と書かれるようになった6つの理由

はもが魚へんに豊、つまり「鱧」と書かれるようになった理由が、以下の6つ。

  • 栄養が豊かだから
  • 生命力が豊かだから
  • 調理方法がたくさん(豊か)だから
  • 美味しくて心が豊かになるから
  • 「豊」には「黒い・曲りくねる」の意味があるから
  • 卵を多く抱くから

これもいろんな説があり、この漢字が当てられたのは遥か昔なので、今となってはどの説が正解かは分かりません……。

あなたはどの説を指示するか、ひとつずつチェックしてみてください。

栄養が豊かだから

鱧の身は真っ白なので、一見なんの栄養もないみたいな印象を受けます。

しかし、それは誤解で、実は栄養が豊富なんですよ。

  • たんぱく質(筋肉などを作る)
  • ビタミンA(夏バテ防止・貧血予防)
  • カルシウム(骨を強くする)
  • コンドロイチン(皮膚の老化を防ぐ)
  • ビタミンD(カルシウムの吸収・骨を丈夫にする)

こんないろんな栄養素を含むので、まさに豊かな魚。

でも、昔の人がそこまで知っていたのかは疑問です……。

生命力が豊かだから

鱧は水中で生息する魚の一種ですが、水から引き揚げても皮膚呼吸で24時間以上も生き続けるそうです。

また、頭を切り落とされても、まだ人に噛み付いてケガをさせる底力があるとか……。

恐ろしく生命力が豊かな魚なんですね。

海から離れた場所にある京都で、日本海や瀬戸内から運ばれてきた鱧がまだピンピンしていたら

「なんて生命力が強いのか!」

と驚くのも無理ありませんね。

調理方法がたくさん(豊か)だから

鱧なタンパクな白身魚なので、どんな調理方法にも合います。

インターネットで鱧を使った料理を検索すると、こんなにも見つかりました。

  • 蒲焼き
  • 湯引き
  • 照り焼き
  • お吸い物
  • 天ぷら
  • おこわ
  • 押し寿司
  • 酢の物
  • ムニエル

それだけ調理方法がバリエーション豊かで、食べ方も豊富だからという説。

美味しくて心が豊かになるから

関東方面にお住まいの方はピンときませんが、京都を中心とした関西圏では鱧はポピュラーな魚です。

私自身、東日本にしか住んだことがないので、ほとんど食べたことがありません……。

ただ、関西以外では食べる機会がないだけで、関東では高級日本料理店で扱われるほど美味な魚。

一口食べれば美味しくて幸せを感じ、心が豊かになるから「鱧」になったという説も頷けます。

「豊」には「黒い・曲りくねる」の意味があるから

生きているはもの映像を見ると、背中は黒く、そしてくねくねと蛇のように体を曲げている様子が確認できます。

もともと「豊」という漢字には、「黒い・曲りくねる」という意味が。

鱧を見たストレートな印象をそのまま当てはめたため、魚へんに豊かになったという説も有力です。

卵を多く抱くから

この説については、あまり情報が多くありません。

私が勝手に推測するに、鱧は一回の産卵数が多いため、卵の数が多い(豊か)という意味なんでしょう。

なんでも鱧は一度に26万粒の卵を産み、産卵期にはそれを2~3回繰り返すそうです。

※産卵数が多い魚とはいえ、漁獲量は年々、右肩下がりだそうです。

すべて後付とする説も……

「鱧」という漢字は中国に元々ありました。

「鰯(いわし)」のように日本で作られた漢字ではありません。

鰯は「魚へんに弱い」と書きますが、これは

  • 水から揚げるとすぐ死んでしまう
  • 他の魚に食べられる弱い魚

という様子を見て「弱い」が当てられたと言われています。

その点、鱧はもともとある漢字に日本語で言う「はも」を当てたので、そもそも成り立ちが違います。

よって、「豊」に何らかの意味があるという解釈自体が後付で、間違いとする見方もあります。

魚編に豊か?魚変に豊か?どっちが正しい?

  • 魚編に豊か
  • 魚変に豊か

どちらの書き方も間違いです。

正解は「魚偏」

「偏」こそ漢字の左側に位置する部首を指す漢字ですよ。

鱧はこんな魚

鱧はウナギ目ハモ科の魚です。

ウナギやアナゴと似た体型で、1m~2mほど。

魚からイカ・海老などを鋭い歯で捕食する肉食性です。

鱧を食べる地域

鱧は関西、特に京都で昔からよく食べられていました。

鱧は小骨が多くて本来は食べづらい魚。

それゆえに他の地域ではあまり食べられることはありませんでした。

しかし、京都は海から遠く新鮮な魚が手に入りづらかったため、水揚げしても生命力が強い鱧が珍重されたとか。

今のハモ料理の豊富さは、昔の料理人が骨切りの技術を編み出し向上させてくれたおかげといえますね。

鱧が美味しい旬は2回ある

鱧の旬は一般的に夏だと言われています。

しかし、実際は夏・秋と一年に2回あるんです。

  1. 初夏(6~7月):梅雨の水を飲んで育つといわれサッパリした味
  2. 秋(10月頃):産卵後に脂が乗り「金はも」・「松茸はも」・「名残はも」と呼ぶ

7月に開催される京都の祇園祭は、別名「鱧祭」とも呼ばれます。

それくらいこの頃が鱧のベストシーズン。

そして、秋には産卵を終えた鱧の食欲が旺盛になり、脂がのってくるので再び美味しい季節が到来するというわけなんですよ。

スポンサーリンク

まとめ

魚偏に豊かは「はも」と読みます。

なぜ、豊かの漢字が当てられたかというと

  • 栄養価・生命力・調理方法が豊かだから
  • 味が美味しくて食べると心持ちが豊かになるから
  • 産卵数が多くて子供の数が豊かだから
  • 「豊」の字には黒い・曲がるの意味があるから

これが理由とされています。

ただ、漢字の成り立ちから考察すると、どの説も後付の可能性が強くなります。

意味は深く考えず、とりあえず魚+豊はハモだと覚えておけばいいでしょう。

スポンサーリンク