台風の目(運動会)の必勝法※4つのコツで絶対勝てる!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 317

台風の目って運動会では定番の競技になったんですね。

私が小学生や中学生だった若かりし頃にはまだ存在しなかった競技なので、ここ10年くらいに行われるようになったんでしょうか。

そんな台風の目ですが、知人がコツとか必勝法になぜか詳しくて、お子さん(小学生)にアドバイスしたところ運動会で一等になったそうです。

今回はその4つのコツ知人から聞いてきたので、ここにまとめて紹介したいと思います。

その1. メンバーの組み分け

ouen

台風の目は4名(場合によっては5名)で一組となって走ります。

この4名の組分けからまずコツがあるんです。

この4名の一組のメンバーは同じくらいの足の速さの人間で揃えます。そのために事前にクラス全員で50m走のタイムを測っておきます。(長距離より短距離が速いかどうかが重要です)

それで、ほぼ同じ足の速さのメンバーを4名ずつ分けて、それをひとつの組としてふりわけます。

その2. ポールを持つ順番(並び方)

メンバー全員で持って走るポール(棒)を持つ順番(並び方)はすごく重要です。

メンバー4名は足の速さはほぼ同じで揃えましたが、そのなかでも速い人から順番に外側に配置します。一番遅い人をポールの内側に。

++++++ポール+++++【コーン】
 ←速い     遅い→


図にするとこんな並び順になります。(進行方向は↑です)

また、このコーンに最も近い内側の人は体格が良い(体重が重い人)に任せると回転がスムーズになるそうです。

その3. コーンで回転するときのコツ

コーンを支点として一回転するわけですが、この回転の仕方でも上手くやらないとタイムロスになったり、ヘタすると誰かが転んでしまいます(^_^;)

回転するときはコーンに最も近い人はコーンから出来るだけ離れないように踏ん張って、遠心力で大回りにならないようにします。

ポールを持つ他の3人は出来るだけコーン寄りに距離を詰めて持つようにします。詰めて持つことでコンパクトにコーンを一回転できますよ。

+++++ポール+++++【コーン】
     ○ ○ ○ ○

図にするとこんな風です。

ポールの長さに比例して等間隔に並ぶと回転するときに一番外側の人が遠心力で飛ばされて転ぶこともありますので。

⇒この動画がその典型的な例です

※一番外側の人が飛ばされて転んでいる様子がよく分かります

その4. ポールの受け渡しのときの待ち方

ポールの受け渡しの時は待っている人の下をポールをくぐらせて、更に頭上を通過させて一周させますよね?

この動作をスムースにやるには

・全員が前後に隙間を無くすように詰めて座る
(ジャンプするときに支障にならないくらいに)
・頭上をポールを通すときは全員でかがむ
・次の走者へポールを手渡す(地面に一旦置かない)

といった点に気をつけましょう。

地方によって違う呼び方

この台風の目という名前で一般的に知られている競技ですが、じつは地方ごとで呼び名が微妙に違うことをご存知ですか?

地方によって
●うずしおレース
●鳴門の渦潮
●ハリケーン
●旋風
●タイフーン

などと様々です。

コーンを中心にしてぐるっと回転するところから、台風を連想したり、鳴門の渦潮を連想したりとバリエーションがあるんですね。

鳴門の渦潮と呼ぶのはやはり西日本でしょうね^^;

最後にひとこと

これだけのことを守るだけで知人のお子さんのクラスは学年一位になったそうですよ。あとひとつ大事な点は「絶対に焦らないこと」だそうです^^;

焦って転んだらすべて台無しですから、焦らないで動作をしっかり守ることを徹底させましょう!

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ