金魚の水のカルキ抜き

水道水のカルキ抜き。金魚を飼うためには必要なことです。

でも、どうやってやったらいいか迷っていませんか?

私はお祭りの屋台ですくった金魚を15年以上も元気に育てた経験があるんですよ。

最終的には20cmくらいまで成長しました!

そんな私の長年の経験から

  • 水を沸騰させる方法でもカルキ抜きはできるか?
  • 短時間でカンタンにカルキ抜きする方法

など、金魚の飼育初心者のために分かりすくまとめていきますね。

スポンサーリンク

金魚の水のカルキ抜きは沸騰させてもOK?

よく飲料水を美味しく飲む方法として水道水を沸騰させてカルキを抜いたりしますよね?

カルキは私たち人間にとっても水をまずく感じさせるやっかいものですから。

この方法でも確かにカルキは除去できます。

しかし、水を沸騰させると「水分中の酸素がすべて抜けてしまう」という金魚にとっては死活問題がもちあがります。

ご存知だと思いますが、金魚は水の中の酸素を取り入れて命をつないでいる生き物。

なので、沸騰させた水のみで交換(全取っ替え)してしまうと酸欠で死んでしまう場合があるんですよ。

しばらく放置するかエアレーションを使って酸素を入れる作業をすれば使えないことはないですが、無駄な時間と手間がかかってしまいます。

ですから、水道水を沸騰させる方法は推奨できません!

金魚の水をカルキ抜きする3つの方法

結論として金魚の水をカルキ抜きするのに沸騰させる方法はNGということです。

残された方法は、この3つ。

  • 水を汲み置きする
  • ハイポ(中和剤)を使う
  • ビタミンCを入れる

では、それぞれの方法のやりかたと、どれくらい時間がかかるのか解説していきます。

水を汲み置きする方法

2個のバケツ

カルキ抜きで一番手軽なのがこの「汲み置き」する方法ですね。

最初はみんなこのやり方を試すみたいですし、私も最初の頃はこの方法でカルキを抜いていました。

一切お金をかけたくないという方はこの方法をお試しください。

汲み置きでカルキを抜く方法

  1. 水道水をバケツや大型のペットボトル等に入れる
  2. ベランダや庭など屋外で日光に当てる

汲み置きでカルキが抜けるまでの時間は?

  • 日当たりの良い場所・・・【半日(6時間程度)】
  • 日陰の場所(部屋の中)・・・【まる1日】

多少時間はかかりますが安全で確実な方法です。

カルキ抜き剤「ハイポ」を使う方法

カルキを除去するための中和剤というのがペットショップで売られています。

このカルキ抜き剤は商品ごとに名称が違いますが、お店で「ハイポください」と言えばどこの店でも通じますよ。

※「ハイポ」とというのはコメットという会社が発売する商品名ですが、現在では「カルキ抜きの薬剤=ハイポ」というように代名詞になるほどポピュラーな存在です。

中和剤(ハイポ)の使い方

1. 水道水をバケツに入れる
2. そこにハイポを入れて約5分待つ
3. カルキが抜けた水を水槽に移し入れる