2018三隣亡カレンダー!入籍や引っ越しはダメって本当?

引っ越しの日取りを決めたら、その日がちょうど「三隣亡」だった。

または、入籍の当日が「三隣亡」だった。

そんなときあなたならどうしますか?

縁起が悪そうだから避けたくなる気持ちは分かりますが、はたして本当に引っ越しや入籍はNGなのでしょうか?

建築関係のお仕事の人や、これから入籍をするという人は特に気にする日だというのは知っています。その他に契約にも関わるとか?

そんな三隣亡がいつやってくるのか2018年(平成30年)のカレンダーを作ってみたので、ぜひブックマークするなり印刷するなりして参考になさってください。

また、そもそも三隣亡とは、どんな意味なのかもまとめてみました!

スポンサーリンク


【2018年/平成30年】三隣亡カレンダー

三隣亡の入籍に悩む女性  
2018年(平成30年)の三隣亡がいつなのかが一目で分かるよう、カレンダーにしてまとめてみました。

●1月
・1月14日(日)
・1月26日(金)

●2月
・2月12日(月)
・2月24日(土)

●3月
・3月11日(日)
・3月23日(金)

●4月
・4月4日(水)
・4月8日(日)
・4月20日(金)

●5月
・5月2日(水)
・5月7日(月)
・5月19日(土)
・5月31日(木)

●6月
・6月15日(金)
・6月27日(水)

●7月
・7月13日(金)
・7月25日(水)

●8月
・8月6日(月)
・8月11日(土)
・8月23日(木)

●9月
・9月4日(火)
・9月19日(水)

●10月
・10月1日(月)
・10月17日(水)
・10月29日(月)

●11月
・11月15日(木)
・11月27日(火)

●12月
・12月12日(水)
・12月24日(月)

     
スポンサーリンク
 


三隣亡に入籍はしても良い?悪い?

入籍したカップル 入籍当日が三隣亡とぶつかってしまった・・・・・

三隣亡は本来は家などを建てることに関して縁起が悪い日とされていました。逆に言えば建築以外のことについては吉日と言えます。

ですから意味合いを忠実に解釈するなら

入籍(結婚)しても特に問題の無い日です!

しかし、入籍や結婚も

結婚をして家庭を「築く」

という意味があるからと解釈を拡大して、避けたほうが良いと考える人も少なからず存在するようです。

入籍も結婚も個人と個人の結び付きではなく、両家の家族同士の結び付きでもあります。自分では気にするのはバカバカしいと思っても、相手方の考えは違うかもしれません。

入籍や結婚の日取りがもし三隣亡に当たるようなら、一度意見を聞いてみたほうがいいでしょう。

三隣亡に引越ししても大丈夫?

三隣亡は「家を建てる」ことに関して凶とされています。そこから家から家への引越しにおいても運勢的に悪いのではないかと心配される人がいるみたいですが

引っ越しは特に問題はありません!

もしそれでも心配されるようでしたら、引越し当日前に少しでも生活で使う日用品を自分たちだけで運び入れておくと、引越しをしたのは三隣亡ではなく別の日から始めたという既成事実ができるので気分的に気にならなくなると思います。

また、引越しの挨拶の贈り物を持って引越し先で配る日が三隣亡だった場合、贈り物は良くないという風習がある地域もあるので避けたほうがいいかと思われます。

<運勢は高島暦(2018年度版)で見るのがおすすめです♪>


そもそも三隣亡とは?調べたらこんな意味があった!

三隣亡って何?と聞かれたら、なんと答えますか?あまり普段、接しない分野のことなので、即答するのは難しいですよね・・・・・なのでとりあえず辞書を引いてみました。

さんりん‐ぼう〔‐バウ〕【三隣亡】

暦注の一。この日に建築をすれば火事を起こし、近隣3軒を焼き滅ぼすといって忌む。

出典:goo辞書


実にシンプルな説明です。ようは建築に関係することはとても縁起が悪い日だってことですね。

もうちょっと詳しく知りたいので、個人的に調べてみると、こんなことがわかりました。

三隣亡をざっくり説明すると?

選日のひとつ

●六曜と同じような日々の吉凶を占うもの

●由来は不明

江戸時代に確立された見られる

●江戸時代には「三輪宝」と書き、家を建てるのに最適な吉日だった

●なんらかの誤用がきっかけで江戸時代以降、意味が真逆になってしまった

●建築関係にとっては大凶日で、棟上げなどは今でも避けられる

●一部の地域ではこの日に贈り物をすると受け取り手が没落するという伝承がある

契約をするのも避けたほうが良い?

土地の購入の契約や自動車の契約なども三隣亡が重なると気になる人がいるかもしれません。

しかし、基本的には

契約には全く関係ないので心配は要らない

が本当のところです。とはいえご本人が気にされたり、ご家族の誰か一人でも気にされる場合は避けたほうが無難ですね。

こういった縁起担ぎは、ようは「気にするかしないか」というだけで、何の根拠もないものですから(^^)

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ