トイレに行きたくなる方法。出ないときに用意したい飲み物!

トイレに行きたくなる方法
トイレに行きたくなる方法をお探しでしょうか?

いつでも自由自在にトイレに生きたくなれたら便利でしょうね。

高速バスに長時間乗る前や、映画の上映前。

こんなときにトイレにいって「出すもの」をすべて出せたら安心できますから。

そこで、ここでは

  • トイレに行きたくなる方法
  • トイレに行きたくなる飲み物
  • トイレに行くと出ないのはなぜ?

この3つをくわしく解説していきますね。

スポンサーリンク



トイレに行きたくなる方法は3つ!


いつもはわりと頻繁に尿意が高まってトイレを済ませられるのに、肝心なときに限って行きたくならない・・・・・・

こんなこと多くないでしょうか?

学生さんだと入学式や卒業式、朝の朝礼、テストのときなど、「トイレに行きづらい」ときに必ず行きたくなるんですよね(私もよく経験があります)

こんな窮地に陥らないように事前にトイレを済ませたいですが

そんなときトイレに行きたくなる方法といえば、この3つ!

  1. 体を冷やして汗をかかない
  2. トイレに行きたくなる飲み物を飲む
  3. 早く起きてトイレを済ます

この3つを心がければ大丈夫ですよ。

では、それぞれの方法についてくわしく解説していきましょう。


体を冷やして汗をかかない


トイレに行きたくなる方法の1つめは、「体を冷やして汗をかかない」こと。

思い出してほしいのですが、夏ってあんまり汗をかかないですよね?

あれってなぜかというと、夏は気温が高いせいで汗をいっぱいかきます。

そうやって汗として水分が排出されるため、尿にまわされる水分が減るせいなんですよ。

ですから、その仕組みを逆に利用して、あまり汗をかかないように薄着をしておけば自然とトイレに行きたくなるでしょう。

逆に言えば、すごい厚着をして汗をいっぱいかくようにしておけば

車内や何かの会場でトイレに行けないときも、汗として水分を出してしまえば、尿意の心配も減ってきますね。


トイレに行きたくなる飲み物を飲む


トイレに行きたくなる方法の2つめは、トイレに行きたくなる飲み物を飲むこと。

普段はトイレが遠いのに「トイレに行けない状況」になると途端に行きたくなる場合もあります。

そんなときは強制的におしっこをだして、未然に突然の尿意を予防すればいいんですね。

そんなときはトイレに行きたくなる飲み物を飲むといいでしょう。

トイレに行きたくなる飲み物の条件とは

「カフェイン」を多く含む飲み物

なんですよ。

カフェインには強い利尿作用があるために、ただの飲料(水など)を飲んだあとよりも早めにトイレに行きたくなるんです。

カフェインが多い飲み物は?

  • 玉露
  • エナジードリンク
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 烏龍茶
  • 煎茶・ほうじ茶

特に玉露は飛び抜けてカフェイン量が多いですね。

次いでエナジードリンクとコーヒーが多いです。

外で手軽に購入できる飲料といえばコーヒーとエナジードリンクでしょう。

エナジードリンクは身体的・精神的にガッツを注入したいときにピッタリ。

テスト前などには最適ですね。特にレッドブルとモンスターエナジーが人気です。

関連記事

レッドブルに効果はある?ない?※3時間は眠気が覚めてた!

モンスターエナジーに効果はある?なし?⇒8時間は眠気ゼロ

早く起きてトイレを済ます

トイレに行きたくなる方法の3つめは、早く起きてトイレを済ますこと。

カンタンに言ってしまえば、朝いつもより早く起きて

出かける前におしっこをすべて出し尽くそうということ。

朝ごはんに味噌汁を飲んだり、コーヒーを飲んだりしても、すぐにはトイレに行きませんよね?

それって食事から時間が経っていないため、つまり膀胱に尿が溜まっていないから。

そこをいつもより朝早く起床して、いつもより早く朝ごはんを食べてしまい

家で朝に摂ったぶんの水分は、あらかた出してしまえば

出先で行きたくなることは、かなり減ってしまうはずですよ。

スポンサーリンク


トイレに行きたくなるのに出ないのはなぜ?


トイレに行きたいと思ったのに、ちょっと我慢してからトイレに行くと、出ない・・・・。

出ないと思ってトイレから離れると、途端に尿意を感じたり・・・・。

こんな症状に悩んでいる人も多いと聞きます。

学生も社会人も行きたい時に行けないことは多いですよね。

こういう場合は男性ですと前立腺に問題がある可能性もあります。

素人判断は危険ですので、一度病院(泌尿器科)で診察を受けるのがベストですよ。


トイレに行きたくなる病気は?


トイレが近くて外出するのが不安で仕方ないという人も多くいらっしゃるでしょう。

トイレに行きたくなるというのは単純に水分の摂り過ぎが原因のこともありますが、以下のような病気が原因の場合も少なからずあります。

  • 膀胱炎
  • 過活動膀胱
  • 前立腺肥大症

一般的に健康な人は一日の排尿回数は「8回」程度とされています。

もしその回数よりも明らかに多く、日常生活に支障をきたすようであれば、一度、石の診察を受けてみましょう。

こちらも泌尿器科が対応してくれますよ。


まとめ

今回はトイレに行きたくなる方法についてまとめてきました。

ざっとふりかえると

  • 体を冷やして汗をかかない
  • トイレに行きたくなる飲み物を飲む
  • 早く起きてトイレを済ます

この3つを心がければ、数時間トイレに行けない状況でも急に尿意を催すことはないと思います。

あまりにもトイレのことばかり考えると余計に行きたくなるので、なるべく他のことに意識を向けるようにするとより安心ですよ。

関連記事

渋滞でトイレに行きたくなった※そんなときの8つの対処法

トイレの日は8月10日と11月10日だけ※10月は誤解!

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
スポンサーリンク
サブコンテンツ