お雛様を飾る日【2018年】友引や仏滅はダメ?天気が雨の日は?

2018年(平成30年)の今年も3月3日に、お雛様を飾る「ひな祭り」がやってきます。

お雛様のお顔

女のお子さんが生まれて、初めて祝うご両親は「正式な飾る日はいつなのか?」はっきりと分からない方が多いでしょう。

お父さんは「男の子」ですから知らないのは当たり前ですが、お母さんでも「女の子」としてのひな祭りの記憶は薄いはずです。

たぶん、ひな祭りの用意はすべて親御さんにまかせていたでしょうから、分からないのは当然かもしれません。

そんな方に、ここでバシッと疑問を解消してもらいます!

お雛様はいつから飾るのが正しい?「飾る日」に決まりはあるの?

仕舞っていたものや新たに購入してきたお雛様を飾るのに、正式な「飾る日の決まり(指定日)」というものはありません。

しかし、ひとつの目安として

●毎年2月4日(立春)を過ぎてから~
●遅くても雛祭り(3月3日)の1週間前(2月24日)まで


に飾っておくようにしておけば間違いありません。

お雛様を飾るのに縁起が良いベストな日にちは?

2017年は2月19日(月曜日)です!

この日は二十四節気のひとつ「雨水」に当たり、この雨水にお雛様を飾ると良縁に恵まれると昔から言われています(一部の地方だけという説もありますが)

※初節句の場合の飾る時期は諸説あります。くわしくはこちらの記事をご覧ください

※飾るときは直接日光が当たらない場所を選びましょう(雛人形は紫外線に弱いため)

※冬場の乾燥対策で加湿器を運転させている部屋も避けたほうが良いです(湿気に弱いため)

お雛様を飾る日は「仏滅」や「友引」を避けるべき?

六曜の「仏滅」や「友引」は一般的に縁起が悪いと言われています。

ですから「今日は時間があるから雛人形を飾ろう」と思って、一応カレンダーを確認すると仏滅や友引ですと躊躇してしまう人も多いでしょう。

実際、これらの日に人形店で雛人形を買う人は少なく、大安の日に買う人が多いと言われています。

また肝心の雛人形を飾る日も大安を選ぶ人が多いようですね。

しかし、こうした仏滅や友引というのは本来「冠婚葬祭」において気にされるものですから、雛人形(ひな祭り)には直接関係ないと言って間違いないはずです。

もし、普段から何事も縁起を気にされる方は避ければいいですし、そうでない方は無視してもいいのではないでしょうか?

雨水が仏滅に重なった場合など、判断に困りますが、こればかりは人それぞれで判断するしかないと思います。

もし天気が雨だったら?飾る日の天候や時間について

お雛様を飾ろうと計画していた日が、朝から雨だった。

こういう場合は、どうしたらいいのでしょうか?

その日はちょうど吉日(大安)で、タイミング的に時間の余裕があったとしても、雨だった場合は別の日にしたほうがいいでしょう。

これはなにも縁起の問題だけではなく、雛人形にとって天候のコンディションを考慮してのことです。

雛人形は湿気に弱いですから、少しでもカラッとした空気の中、出したほうが無難ですね。

また、時間的にも仕事から帰宅した後や家事を終えて寝る前などの「夜間」ではなく、明るい日中が適していますよ。

ひなあられが大好きでした

子供の頃はひな祭りといえば「ひなあられ」を買ってもらうのが楽しみでした。

私は関東在住でしたので、ひなあられといえば丸っこくて色とりどりの甘いものというイメージしかありませんでした。

しかし、数年前、ある方から関西で売られているというひなあられを貰ってビックリ!^^;

ぜんぜん甘くなくてしょっぱい「おかき」風で、関東のものとは全然違うんですよ。

こんなものにも関東と関西の違いがあるなんて意外ですね(^^)

■関連記事:お雛様をしまう日【2018年】ベストな日にちと天気は?

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ