さっきゅう・そうきゅうの違い※どっちが正しい?NHKでは?

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 35

走る人
そうきゅう、さっきゅう、どっちの読み方が正しいのか知ってますか?

いや、べつにどっちでもいいんですけど、自分だけ間違って使ってたらイヤじゃないですか。もしかして意味に違いがあるのかもしれないし・・・・・・

なので、ここらで長年の疑問に答えを出したいと思います。

さっきゅう・そうきゅう、正しいのはどっち?

漢字で書くと「早急」ですね。

この言葉の読み方で「さっきゅう」と「そうきゅう」のどちらが正しい(標準的)か?を調べたところ

「さっきゅう」が正しい読み方

ことが分かりました。参考にしたのは文化庁が発行している「言葉に関する問答集」という書籍なので信頼できるソース元です。

大辞林など国語辞典(百科事典)で「そうきゅう」を引くと、

「さっきゅう」の項目を見て下さい

という誘導がされているように、「さっきゅう」の読み方を第一候補としていることが分かります。

読み方としては「そうきゅう」でも間違いではないのですが、一応、現在は「さっきゅう」が標準的とされているようです。

結論まとめ

スポンサード リンク



・読み方は「さっきゅう」が正しいが「そうきゅう」でもOK!
・言葉の意味はどちらも同じ

なぜ読み方が2通りある?その違いは?

なぜこのように本来の読み方である「さっきゅう」と、ホントは誤読なのに一般化した「さっそく」の2通りの読み方があるのか不思議ですよね?

この由来には諸説ありますが、
「早急」の「早」の漢字を「そう」と読んでしまう人が多いため

だと考えられます。

言葉というのは「聞き言葉」と「文字」で伝わって広まっていきますが、誤った読み方が頭に入ったまま、それを言葉にして話すことで定着することもあるはずですよね?

「早」を「さっ」と読む言葉は他にも「早速(さっそく)」がありますが、これも普段はひらがなで書くことが多いので頭に残りづらいのかもしれません。

NHKのニュースではどちらの読み方をしているか?

男性アナウンサー 日本語の正しい使い方には独特の「こだわり」があるNHKでは、当たり前ですが、本来の正しい読み方である

「さっきゅう」

標準的な読み方として統一しています。

NHKのアナウンサーはそのへんは徹底してますね(民放ではもしかしたら両方つかっているのかもしれません)

政治家はほとんど「そうきゅう」と言っている件

私は無意識に「そうきゅう」と読んでいましたが、これって誰に影響を受けたかというと、テレビで政治家がそう話しているのを聞いたから、のような気がします。

テレビのインタビューで某総理大臣などが

●早急に対処したい(ソーキューにたいしょしたい)

みたいなフレーズを話すのをしょっちゅう耳にします(災害が起こった時とか)。このとき政治家はほぼ100%「そうきゅう」と読んでいますよ。

そもそも「早急」なんて言葉はあまり普段の日常会話では使いませんよね。よく使うのは政治の世界くらいで。

意外にも「そうきゅう」派が多かった!

私の周りで友人・知人、家族に「早急」をどう読んでいるかアンケートをとったところ、

5人中4人が「そうきゅう」と読んでいました!

世間ではなんと70%の人が本来は誤読である「そうきゅう」と読んでいるそうです。もはや市民権を得ているという以上に定着しているんですね。やっぱりテレビの影響からでしょうか。

ただ、中学生や高校生で、もしテストで「早急」の振り仮名を答えなさいという問題が出たら、素直に「さっきゅう」と答えたほうがベターですよ♪

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ