【思い想い念い】違いは?使い分け方と意味を3分でマスター

スポンサーリンク

 

文字選択で悩む女性

「思い」と「想い」の違いって、いまいち分かりません・・・・・

それに「念う」という書き方もあって、正しい使い分けが出来ているか自信がないので、あらためてじっくりと調べてみました。

含まれたニュアンスや意味の差を知ると、自然に上手く使い分けがデキるようになりますよ!

思い・想い・念い、それぞれの違いを分かりやすく言うと

【思い】

自分の考え。論理的・感情的に考えていること。

私はこう考えている/こう感じていることを「思う」と表現する。

【想い】

感情として感じていること。

懐かしい・憧れる・恋焦がれるなどの強い感情がこもった心情を「想う」と表現する。

【念い】

「自責の念」や「畏敬の念」のように、強い気持ちのこと。
「思い」は論理や感情の両方の意味を含むため、「想い」を使う場面でも代用できるんです。実際、辞書をひいてみてもすべて同じ意味を持つ表現だと書いてあるので、どれを使ったとしても文法上は間違いではありません。

それぞれの漢字の成り立ちに秘密あり!

「思い」と「想い」は読みも一緒で、一見すると意味も一緒のように思えます。しかし、それぞれの漢字の成り立ちの違いを知ると、微妙な意味の違いや使い分け方が理解できるでしょう。

【思】の漢字の成り立ち

⇒「田」は子供の脳の象形、「心」は心臓の象形。ふたつが合わさって「思」になる。脳と心で考えて感じていることの両方を意味する。

【想】の漢字の成り立ち

⇒「木」は樹木の木の象形、「目」は人の眼の象形、「心」は心臓の象形。この3つが合わさって「想」になる。目で見た木のような具体的なイメージを心に描くことを意味する。

もっと、もっと分かりやすく違いを説明すると

この漢字に表れる意味の違いをふまえて、あらためて簡潔に「思い」と「想い」の違いを私なりに書くなら

【思い】

自分の意見や感じたこと、そのもの。

【想い】

何か特定の対象を想像して浮かべること。

と、こうなります。分かっていただけたでしょうか?

具体例を挙げると、もっと分かりやすいですよね。

田舎の風景

たとえば、こんな風に両者は使い分けされます。
●故郷が懐かしいと思う

●故郷を懐かしく想う
前者は

故郷が懐かしいなぁ~と思い出して感じている自分の感情

なわけですが、

後者は

懐かしい故郷を心にイメージしている状態

のことですよね。これこそ端的に両者の違いを表す好例だと思います。

こんな「おもい」はどっちの漢字を使うの?

文章を書くとき様々な場面で「おもい」という単語が出てきますが、どっちを使ったらいいんだろう?と迷ったときに役立つように、いくつか実例を挙げておきました。参考になさって下さい!
・おもい描く⇒思い描く
・おもい通り⇒思い通り
・おもい浮かべる⇒思い浮かべる
・やっとのおもいで⇒やっとの思いで
・悲しいおもいをした⇒悲しい思いをした

・将来を悲観しておもう⇒将来を悲観して想う
・好きな人をおもう⇒好きな人を想う
さきほども書きましたが、どっちが正解でどっちが間違いという明確な基準はありませんので、ご自身のフィーリングで自由に使い分けても大丈夫ですよ。

歌の歌詞に見る「思う」と「想う」の対比

そういえば歌の歌詞にはよく想うが使われていた気がします。

そこで歌詞検索サイト「歌ネット」で両者がどれくらい歌詞で使われているのか調べてみました。

歌詞の中で「思う」と「想う」が使われている件数

「思う」が使われている件数・・・8863件
「思い」が使われている件数・・・33294件

「想う」が使われている件数・・・3548件
「想い」が使われている件数・・・28111件
意外にも情緒的な歌詞に使われていそうな「想い」よりも「思い」のほうが多く使われていました。

思い出か想い出か?あなたはどっちを使う?

小学校や中学校の文集にありがちなタイトルが「おもいで」ですが、これを漢字で書くなら、どっちの漢字を選びますか?

試しにグーグルで検索すると
●思い出・・・約 44,800,000 件
●想い出・・・約 2,340,000 件

と、このように圧倒的に「思い出」の方が使われている件数が多いようです。

ついこの間、劇場公開されたスタジオジブリの映画「思い出のマーニー」の影響が強いのかもしれません。

想い出というと「想い出がいっぱい」という曲が思い浮かびますね♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ