朝起きる方法※低血圧でもパッと目覚める超簡単なやり方!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 411

朝起きる方法をお探しですか?

私も中学生や高校生のころは目覚ましをセットしても起きられなくて、毎朝のように母親から布団をはぎとられて起こされるという最悪の目覚め方をしてました(^_^;)

でも今はもう起こしてくれる人もいないので、自力でなんとか起きてます。こんなダメ人間でも決まった時間に起きてちゃんと社会人生活を送れている秘密の方法を紹介します!

低血圧でも超やさしく目覚められるたったひとつの方法

mezamashi

毎朝のことを想像して下さい。
けたたましい目覚し時計のアラーム音で、強引に起こされていませんか?

「もう朝かよ、学校(仕事)行きたくない・・・・・もっと寝たい」

と思ってしまうのは当たり前ですよね。
起きられないというより、「起きたくない」が正直なところ。

この原因は「無理やり容赦なく起こされるから」なんですね。

だったらもっとスムーズに目覚められたらいいと思って、私があるとき思いついたのが、この方法です(前置き長い)

やりかたはいたってカンタン!

スポンサード リンク


1. コンポかラジカセ、またはスマホのアプリ(AlarmDroidが便利)を用意する

2. スローテンポな音楽(クラシックでもヒーリングミュージックでもボサノバでもジャズでもカントリーでもバラードでもJポップでもなんでもかまいません)を用意する

3. 起きる時間の30分まえにその音楽が部屋に流れるようにセットする

4. 目覚まし時計は起きる時間にセットして、寝る!

以上です。

こうすると本来起きる時間の30分前から、セットした自分にとっての優しい癒しの音楽が部屋に流れるわけです。

目覚ましのアラームが鳴る前にこの音楽でうっすら目が覚めて、ゆっくりと時間をかけて起きる準備ができるわけなんですね。

決まった時間にどんぴしゃで起きるより、この方法だと目覚めが実にスムーズなんですよ。この半覚醒状態で目覚ましのアラームが鳴ってもそれほど「うるせー!」という気持ちにならないわけです。ほぼ起きてるわけですからね。

論より証拠、一回試してみてください!

これは効果が無い!やってみてダメだったこと


これまで色んな「朝起きる方法」を試してみたけれど、自分としてはイマイチ効果が感じられなくて一回やっただけでやめてしまった方法がいくつかあります。

・目覚まし時計を二個用意する
(よりうるさい音で強引に起こされるだけ)

・目覚まし時計をふとんやベッドから離れたところに置く
(たしかに起きられるがムカつくし最悪の目覚めを覚悟しないといけない)

・寝る前にホットミルクを飲む
ホルモンの影響でぐっすり眠れて目覚めがよくなるっていうけど実感できず)

・夜カーテンを開けて寝る
朝日が差さない部屋に住んでいるので効果はいまひとつ)

効果はどうか分からないけど意識しているのは、朝起きたらなるべく太陽に当たるということです。車で出勤したりしてると意外と太陽に当たることってないんですよね。

人間の体の体内時計は朝に太陽に当たることでリセットされるそうですから、当たらないでいるとどんどんと体内時計が狂い、夜の眠りが浅くなり、結果的に朝の目覚めが悪くなるみたいなんですよ。

仕事が休みの日でもちょっと意識してみてください。

冬は強敵!ぬくぬく布団から這い出す方法

nemuruneko

冬の朝は我々のような朝が弱い人間にとって最大の強敵ですよね。

ふとんのなかのぬくぬく暖かいところから、一歩を踏み出す勇気がなくてズルズルといつまでも起きられないでいることがよくあります。

でもこれもふと思いついたアイディアで解決できました。

それは起きる時間の少し前からタイマーで暖房をつけておくことです。こうすれば部屋全体が暖かいので布団からすぱっと飛び起きることができますよ。

やりかたはすごくカンタン!


1. エアコンの暖房を18度(温度はお好み)に設定する

2. 目覚ましが鳴る15分くらい前に作動するようにセットして寝る

真冬の寒い中で着替えするのってすごい嫌ですが、こうやって暖房がついてるとささっと着替えも完了します。これもぜひオススメしたい方法です。

目覚まし時計が鳴ってるのに目が覚めないという重症の人は?


普通はあのうるさい目覚ましが鳴ると嫌でも目が覚めるものですが、なかには鳴っているのに起きられない人がいるそうです。そこまでいくと重症ですね。

目覚ましを2個置こうが、電話のベルが鳴ろうが目覚めないそうです。

そういった方は何らかの睡眠障害が疑われるので、一度、医師の診察を受けることを勧めます。

朝起きる方法のまとめ



強引に起こされるのではなく
自然と起きるような環境を作る

目覚めの30分前から音楽を流す

冬は起きる前から部屋を暖めておく

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ