靴を乾かす方法|室内でも早く乾く秘密の4ステップ

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 322

靴を乾かす方法にこんな良い方法があることをご存知ですか?

sneaker

濡れて雨水を吸い込み重くなった靴、泥だらけになったスニーカーを洗ったあとに天気が悪くて外で干せなくていつまでも乾かない・・・・・。

明日、履きたいのに乾かないで困った経験は誰にも一度や二度はあるはずですよね。

布団乾燥機があれば靴も乾かせるのですが、私のように持っていない人でも誰の家にも必ずある道具だけで早く乾かす方法があるんです!

基本はやっぱり新聞紙を詰めること

靴を乾かす方法でほとんどの方がご存知で実行されているのが、洗ったあとの靴に丸めた新聞紙を詰める方法です。

靴に新聞紙を詰める!



これは基本ですから、絶対に欠かせません。

このとき、つま先まで届くようにぎゅっと出来るだけ隙間なく詰めるのがコツ。

詰めてから時間がたって新聞紙が水を吸い込んだら、新しい新聞紙と取り替えてください。
触ってみてしっとりと湿っていたら取り替えるタイミングです。

天気が良くて外で天日干しできるなら、これだけで十分早く乾くはずです。

雨の日・梅雨の季節に靴を早く乾かすには

洗濯槽 靴を洗ったのに天気が悪くなってしまって干せなくなってしまうこともありますよね。

洗濯機で脱水する!

そんなときは洗って綺麗になった状態の靴を乾いた雑巾やタオルでくるんで洗濯機に入れ、脱水に短時間でいいのでかけてみましょう。

こうすることで完全にではありませんが、かなりの水分を飛ばせるので、乾きが早くなります。

この後、やはり新聞紙を詰めて雨の当たらないベランダ等で陰干ししておきます。

明日までに靴を乾かしたい緊急の時は扇風機を使う

子供が明日、運動会でどうしてもこの運動靴を履かないといけないのに外は雨で乾かせない、なんていう緊急の場合はこの方法をオススメします。

また梅雨の時期など雨が続いて外で干せない時もこの方法はオススメです。

やりかたは、ここまでと同じように洗った後の靴を洗濯機で脱水し、新聞紙を詰めておきます。
晴れていればこのまま外に干せますが、雨なのでそうはいきません。

ハンガーに吊るす!

スポンサード リンク

hunger
そこでその靴を洗濯物用のハンガーや角ハンガーなどに吊るします。
(吊るせるものならなんでもかまいません)

新聞紙を詰めた状態でハンガーの三角形部分の両サイドに押し込むと固定できます。
角ハンガーには紐付きのスニーカーであれば、その紐で結んで固定しても良いでしょう。

扇風機の風を当てる!

レトロな扇風機
そして扇風機を用意して、その吊るした状態の靴に中程度の風を当てます。
風がよく靴に当たるように首の角度を調整して下さい。

風を当てるのは水を吸わないソール部分ではなくて、布地部分に集中させてください。

サーキュレーターがありますと首の向きが変幻自在なので使いやすいですが、扇風機でも十分使えます。

こうやって風を当てた状態でしばらくおくと、断然乾きが早くなります。

このとき靴を吊るしている部屋は窓を少し開けておいて、できれば換気扇を回しておいてください。
そのほうがより乾きが早くなるはずです。

※長靴などの外側がゴム製の靴にはこの方法は有効ではありません。

ドライヤーで乾かすのは危険です

靴を早く乾かしたくて、つい使ってみたくなるのがドライヤーです。

確かに上手くやれば髪を乾かすように早く乾くのですが、熱風のせいで靴の材質によっては靴底の接着剤が溶けて、めくれてしまうこともあります。

やすいスニーカーならまだしも高い靴が台無しになる危険性があるのでオススメできません。


靴を室内で早く乾かす方法のまとめ



1.洗った靴をタオル等に包み脱水する

2.足を入れる部分に丸めた新聞紙を詰める

3.洗濯物用のハンガー等に吊るす

4.扇風機の風を当てる

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ