子供の家での遊び|長い時間飽きないで遊ばせる20の方法

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 239

子供の家での遊び、遊ばせ方というのは親としては頭が痛いところですよね。

雨の日、梅雨の時期で外で遊ばせることが出来ないときや、幼稚園や小学校が休みに入る夏休み期間中などは特に長い時間を家で過ごすことになるので大変です。

中学生ともなれば子供が自分で考えて遊べるようになるのですが、小学生以下のお子さんはなかなかそうはいきませんから。

家の中で飽きさせず長く遊ばせる方法


家の中で子供を遊ばせるというと、定番なのは本を読ませたり、好きなアニメ等のDVDを流したりすることですが、それで大人しく過ごせるのは少し学年が上がった子供さんです。

小学生以下の子供さんの場合は、ひとりで遊ばせるのは難しく、お母さんかお父さんが相手をする必要がありますね。

そんなときに一緒になって遊ぶアイデアがこちら。

・絵本を読み聞かせる
・お菓子や料理を一緒に作る
・家の中にブランコや滑り台などを置いて遊ぶ
・NHKの体操のお兄さんが出てくる番組を見ながら一緒に体操する
・窓を開けてシャボン玉遊び
・かくれんぼ
・鬼ごっこ
・おままごと
・お人形遊び
・積み木
・お絵かき
・オセロ
・ぬり絵
・トランプ
・ボードゲーム
・粘土遊び
・パズル
・レゴブロック
・なぞなぞの本
・折り紙
幼児
テレビゲームやタブレットなどのゲームは子供を虜にして離しませんが、いい影響を与えないと危惧される方が多いでしょう。

でもゲーム以外でも家の中で遊べるアナログなゲームはたくさんありますよ!

ひとりでずっと子供の相手をするのは大変という方は、同じ思いのママ友さんとそのお子さんをお家に呼んで、子供は子供同士で遊ばせ、ママさんたちはおしゃべりをして息抜きをするのもグッドアイデアです。

外での遊びが好きな子供の場合は


いろいろ工夫しても家では大人しく遊ばない子供もなかにはいるでしょう。
長くひとつのことに集中するのが苦手なのも性格なので怒っても仕方がありません。

そんな子供さんを持つお母さんは、雨の日でも長靴・レインコートを着せて外を散歩したり、児童館へ行って同じように外で遊べないので訪れた他のお子さんと遊ばせたりするそうです。

雨の日が憂鬱なのは大人だけで、子供にとっては傘をさし長靴を履いて水溜りを水しぶきを上げて踏みつけるのも楽しい遊びなんだと思います。

その他に雨に濡れる心配がないショッピングモールへ行って、買い物や軽い食事をすれば半日は潰れるという意見もありました。

子供が雨に濡れたり泥だらけになるのは手間がかかると心配なら、外出して屋内施設で遊ばせるのが一番ですね。

こうした大型商業施設には子供連れを呼びこむためのプレイコーナー(ちびっこ広場)があって、遊具が充実していますので雨の日こそオススメしたいスポットです。

子供の家の中での遊び方まとめ



●小さい子ほど親も一緒に遊べる遊びを!

●雨の日の散歩は子供にとっては楽しい遊び。

●児童館や商業施設の遊び場を利用してみる。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ