ご教授・ご教示・ご指導:意味の違いとビジネスメール使い方

スポンサードリンク

ホワイトボートを背にしたビジネスマン

「ご教授」・「ご教示」・「ご指導」の違いが分かりません・・・・・

仕事上のビジネスメールでたまに使う機会があるんですが、こういう場合はどれを使うんだっけ?と迷うんですよね。

そこで、それぞれの言葉の意味や違いを調べてみました。それに加えて例文も紹介しますので、これを参考にすれば、使い分けはバッチリですよ。

ご教授・ご教示・ご指導の意味を辞書で調べてみると?

まずはそれぞれの言葉の意味を辞書で調べてみました。

きょう‐じゅ〔ケウ‐〕【教授】

[名](スル) 学問や技芸を教え授けること。「書道を―する」

出典:goo辞書(デジタル大辞泉)


きょう‐じ〔ケウ‐〕【教示】

[名](スル)《「きょうし」とも》知識や方法などを教え示すこと。示教。「御―を賜りたい」

出典:goo辞書(デジタル大辞泉)


し‐どう〔‐ダウ〕【指導】

[名](スル)ある目的・方向に向かって教え導くこと。「演技の―にあたる」「―を受ける」「人を―する立場」「行政―」

出典:goo辞書(デジタル大辞泉)


ご教授・ご教示・ご指導の違いを簡単に説明すると?

【ご教授】は?

専門的な知識を時間をかけて教えてもらいたいとき

【ご教示】は?

一般的な知識(情報)を簡単に教えてもらいたいとき

【ご指導】は?



分からないことや初めてやることの「やり方」を教えてもらいたいとき

私もそうですが、人に何かを教えてもらいたいときに、すぐ頭に浮かぶのが「ご教授」で、ついつい使ってしまう人が多いと思います。

しかし、だいたいの場合においては、

それは大げさな言い方(使い方)なんです!

たとえば、仕事上の指示をあおぎたいとき、仕事の進め方を尋ねるといった場合には「ご教授」ではなく「ご教示」が適しているんです。

大学の講義を受け持つ先生を「教授」と呼ぶように、ある特定の専門分野の学問・技・芸を時間をかけて教えてもらいたいときだけ特別にあらたまって「ご教授願います」と使います。

こうやって使い分ける!ビジネスメールでの使い方

電子メールを打つ手

それぞれの言葉をビジネスの場で口頭で、ビジネスメールで文章として使う場合の使い分け方を例文を挙げてご紹介します。

【ご教授】の例文

・お手数をお掛けしますがご教授願います。
・懇切丁寧なご教授に感謝致します。
・3年もの長い期間、ご教授を賜り、ありがとうございました。

【ご教示】の例文

スポンサード リンク

・会計ソフトの使い方をご教示ください。
・退出時の鍵の管理方法についてご教示願います。
・先日はマナーについてご教示くださり大変ありがとうございました。

ここが要注意ポイント

学問や芸事などを長期間に渡って教えてもらうことを「ご教授」と呼ぶので、ビジネスメールではほとんど使う機会はないのかなと思います。

「教えて下さい」or「教えて下さってありがとうございました」

ということを伝えたい(書きたい)場合は「ご教示」を使うのが正解です。

「ご指導」はどういうときに使うのが正しいか?

もうひとつの「ご指導」はどういう時に使うかというと、たとえば新しい職場で働き始めて、上司などに仕事のやり方を教えてもらうときの挨拶として

ご指導よろしくお願い致します。

といった感じに使うのが正解です。

「ご教示」は知識を教えてもらいたいときで、「ご教授」は専門性の高い知識や技を教えてもらう場合に使いますが、「ご指導」は

・少年野球の指導を頼んだ
・交通マナーを指導してもらう
・特別講師に指導をお願いした

といった風に、ある分野の特殊な技能・知識を伝授するような場合に使います。スポーツの分野でコーチが選手に技能向上のために教えるのが典型例ですね。

<ビジネスメールの表現に困ったときに役立つ本がこれです>

似たような言葉に「指南」がありますが、こちらは

「指導すること」そのもの、または「指導する人」

を指します。つまり「空手を指南する」といった場合の意味は

空手を指導する

という意味になります。

最後にまとめ

駆け足の説明になりましたが、要点はつかめたでしょうか?

私が理解した範囲でいま思いつく分かりやすい使い分け方を「釣り」にたとえて言うと、

石鯛の釣り方を教えてもらいたい場合
石鯛の釣り方をご教授下さい。

石鯛の釣り場を教えてもらいたい場合
石鯛の釣り場をご教示ください。

となります。この違い、理解していただけるといいのですが(^^)



スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ