コーヒーと麦茶は似てる!美味いコーヒー牛乳麦茶の作り方

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 249

コーヒーと麦茶って後味が似てる気がしませんか?

テレビで誰かが「夏は麦茶に砂糖と牛乳を入れて飲んでいる」と話しているのを聞いたことがあるし、もしかしたら麦茶がコーヒーの代わりになるかも?って思ったんですね。

コーヒーは好きだけど飲むとトイレに近くなるし、夜眠れなくなったりするから、麦茶がコーヒー代わりになったら最高ですよね。それに麦茶はミネラル分が多いし、カフェインも少ないし、値段も安いからすごい得ですし。

で、自分なりに試行錯誤して作ってみたらかなりコーヒー牛乳っぽくて美味い!その作り方を紹介しますね。クックパッドに載っている方法よりもこちらが絶対オススメです。

コーヒー牛乳っぽい麦茶の作り方

mugichacoffee

コーヒー牛乳風の麦茶の作り方ですが、ただ普通に作った麦茶に牛乳と砂糖を加えても、それっぽい味にはなります。子供さんはこっちで満足かもしれません。

でも、この方法だとどうしても苦味が足りないし、薄し、コクがありません。大人には物足りないわけですね。

そこでちょっと工夫を加えることで本格的なコーヒーっぽい味にすることができるんです!!

用意するもの

●1L用の麦茶のパック(伊藤園を推奨)
●コーヒードリッパー
●ペーパーフィルター
●サーバー(大きめの耐熱コップでも可)


濃い麦茶コーヒーの作り方

スポンサード リンク

1. コーヒードリッパーにペーパーフィルターをセットする
2. 麦茶のパックを破いてペーパーフィルターに入れる
3. 沸かしたてのお湯を少し注ぎ、麦を蒸らす(約1分)
4. お湯を100mlくらい注ぐ


これで濃い麦茶が淹れられました。この淹れ方自体は普通のコーヒーのペーパードリップの淹れ方と一緒ですので、下の動画を参考になさって下さい。コーヒー豆を麦茶の麦に置き換えるだけですが、蒸らし時間だけはコーヒーよりも麦の方が時間が必要ですのでご注意を!



出来上がった濃い麦茶にあとは、

●牛乳:50mlくらい(おこのみで)
●砂糖:大さじ1くらい(おこのみで)


を加えるだけです。これで完成!

知らない人に内緒でご馳走すると普通のカフェオレだと勘違いされるくらいの再現度です。

※冷たいのを飲みたい場合は、淹れた濃い麦茶を冷ましてから冷蔵庫に入れ2時間くらい冷やしてください。コーヒーみたいに保存しても風味が飛びにくいので冷やした後に牛乳を加えても味は落ちないと思います。

普通の麦茶を2倍美味しく淹れる方法


麦茶ってどうやって作ってますか?

昔だったらヤカンにバラバラの粒の状態の麦を入れて、それを煮出して作るのが普通でした(我が家でも祖母がそうやって作っていました)

でもいまでは麦茶のパックを冷水筒にいれて水を注ぐ「水出し」が普通ですよね?

実はこの水出しでも一手間加えるだけで味がグーンと良くなるのをご存知ですか?

mugicha

水出し麦茶の味を2倍美味しくする方法

1. 麦茶のパックを平たいお皿に置く
2. そのパックに熱湯をかける
3. パックの中の麦がお湯を吸って膨らむまで待つ(約1分)
4. 膨らんだパックを冷水筒に入れて上からお水を注ぐ


これだけですが風味が断然アップしますよ。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ