年賀状はいつまでに出せば2018年の元旦に届く?期限は?

スポンサーリンク

 

年賀状はいつまでに出せば、2018年の元旦に届くのでしょう?

ポストに投函
…と、その「期限」を知りたくなりますよね!

なんでも余裕をもって早く済ませる、というタイプの方には無縁の疑問でしょうが、恐らくこれを知りたい方は多いと思います!

もう少し後で書こう♪という気持ちでいるものの、

「元旦には間に合わせたい!!!」
「2日以降の配達だと、ちょっとなぁ・・・」
「送ってくれた相手よりも、遅くに届いた(汗)という形にはしたくない」

など、気になってしまう気持ちがありますよね。
そんな疑問をスッキリ☆明快にしてしまいましょう。

年賀状を2018年の元旦に届けるための投函期限は?

年賀状を2018年(平成30年)の元旦に相手に届けるためには、いつまでポストに投函すればいいかというと、

問題の「投函期限」は?

2017年12月25日(月曜日)まで

つまり

クリスマスまで出せば間に合う!!!

ってことです(^^)

この日までにポストや郵便局窓口に出せば、元旦(元日の朝)に配達してもらえますよ♪

※年賀状の引受(受け付け開始)は、2017年12月15日(金)からです。

【朗報】最悪12月28日まで出せば届く可能性が!

年賀状の宛名面 な~んだ!まだまだ余裕がありすぎなくらいだ~~と思いませんでしたか?

そう思っていたのに「絶対に今日中に書かないと!間に合わないー」となってしまうのが師走マジック。

イベントの準備、仕事の片づけ、飲み会、大掃除などなど、どうしても忙しくなる時期なので、

結局12月25日に間に合わなかった(´Д`∥)↓↓

となってしまった方の為に、すっごくうれしい「朗報」があります!

日本郵便の公式ホームページには

2017年12月26日(火)以降、12月28日(木)まで

に投函した年賀状も

“≪できる限り≫元旦に届けられるように取り組みます”

と書いてあります。なんて親切な会社でしょう(T^T)♪

≪できる限り≫で十分なので、もしもの時は是非おねがいします

こういった最終手段もあるという事は頭の片隅に置いておく程度にして、まずは12月25日の本来の期限を守るように努めて下さいね。

記入内容の不備は、元旦配達にならない可能性も!?

ちゃんと引受期限までに出したから、もう大丈夫!…ということではないようです。

記入内容に不備がある場合や、添付物などの原因により、時間を要して ≪元旦に配達できない≫ 可能性が高くなったりもしますので、注意が必要です。

【元旦に配達できない可能性が高くなる場合】

●通常の郵便が届く名前(正式名)で宛名を書いていない
⇒ペンネームやあだ名等を記載

●完全な住所を書いていない            
⇒町名・建物の名前・部屋番号が抜けている

●郵便番号を指定の枠内に書いていない       
⇒無記入、読めない数字の記載、誤った番号の記載なども

●異物を貼りつけている

●年賀はがきの規定の粋を越えている規定外のもの  
⇒透明であったり、長方形でないなどの加工品

●年賀はがき自体を加工していて湾曲したり形状が変わっているもの


せっかく引受期限を守っても、元旦に届かなかった・・・・・と残念な結果に繋がりますので、記載の内容もしっかりと仕上げましょう(●^o^●)

<プリンターのインクは互換性がお財布にやさしいですよ♪>
■互換性インクについて
私はもう3年くらい印刷にはメーカー純正品ではなく互換性インクを使っていますが、年賀状のカラー印刷の仕上がりに差は感じられません。メール便で送ってくれるので送料も安く抑えられるのでホントおすすめです。

追加情報

2018年用の年賀はがきの販売期間は、

2017年11月1日(水)からです。

インターネット通販での予約受付は、

2017年9月1日(金)からです。 
       
ちなみにお楽しみの「お年玉くじ」の抽選日は

2018年1月14日(日)です。

最後にちょっとひとこと

私はクリスマス頃から慌てて年賀状を書き始めるタイプです。

なんとか元旦まで(最悪2日まで)届けばいいな・・・と思いつつ、28日頃に出していたんですが、あとで友達に確認するとだいたい元旦に届いていました。

それにはこういうワケがあったんですね。

郵便局の人に迷惑にならないよう、今年は早めに出そうかな(^_^;)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ