女性の礼服とスーツの違い

女性が着る礼服とスーツの違いって、どのへんにあるの?

社会人になったから!と特別に教えてもらえる訳でもない、スーツのルール(泣)

お葬式に行くことがないまま長いこと社会人をやってて、今更、他人には聞けない!って人もきっと多いことでしょう。

私自身がそうだったので、お気持ちはわかります……。

そんな方のために「礼服とスーツの違い」と「男性と女性の葬式用の決まり事」をまとめていきますね。

スポンサーリンク

そもそも礼服とスーツとは?

そもそもスーツ(suit)とは、ひとつの生地から仕立てた上着とパンツのセットの服を指します。

女性の場合は上着とブラウスとスカートのひとそろいのセット。

一般的にスーツと呼ばれるものは、以下の3つ。

  • リクルートスーツ(就活や面接のときに着る)
  • ビジネススーツ(会社で仕事をするときに着る)
  • フォーマルスーツ(結婚式や入学式や卒業式に着る)

この内のリクルートスーツとビジネススーツを総称して「スーツ」と呼んでいて、フォーマルスーツを総称して「礼服」(もしくは式服)と呼んでいます。

ですから、礼服もスーツの一種というわけですね。

礼服は結婚式やお葬式などの冠婚葬祭、入学式や卒業式などの式典に着ていくための専用のスーツ。

なお、喪服もフォーマルスーツに含まれます。

女性の礼服とスーツの違いとは?

女性が着る礼服も形はスーツの一種だし、「だったらスーツとの違いは何なんだ?」と混乱しますよね。

その違いは2つあって、それは見た目に現れているんですよ。

違いその1.光沢と色

礼服はどれも基本的に黒一色の無地であり、素材に光沢がありません。

つまり生地自体に大きな違いがあるというわけですね。

礼服と普通のスーツの色味と素材の違い

礼服 普通の黒のスーツ
色・・・深い黒色 色・・・白味の入った薄い黒色
素材・・・ウール(高価) 素材・・・ポリエステルを混合(安価)

色味だけでなく、見た目の編み目の連なりも全く違います。

礼服の方が、編み目を感じさせない仕上がりになっていますので、見る方が見ると一目瞭然です♪

【こちらが一般的な礼服の見た目】

素材がテカテカしておらず艶消しになっていることが見て取れると思います。

一方、スーツは華やかな場面にも対応できるように様々なカラーがあり、生地に光沢があるものがほとんどです。

違いその2.スカートの丈

礼服は葬儀にも着るため、華美にならず肌の露出は抑え目に作られています。

【礼服のスカート丈】

このようにスカート丈も膝小僧が見えないくらいの長い膝丈が一般的です。

一方、スーツは礼服よりもスカートは短めで、インナー(ブラウス)は白を着る点に大きな違いがあります。

【女性用の一般的なビジネススーツ】

※このように一目瞭然ですから、葬儀に黒のスーツで代用して出席してもバレてしまいますし、なにより失礼に当たりますのでご注意下さい。

お葬式や結婚式で着るのがフォーマルスーツと礼服

礼服とフォーマルスーツは本来は「立場・時間帯」などにより着用する種類が変わるので「別物」でした。

しかし、礼服の簡略化(略礼服の普及)が進んだ現在では、その差はとても曖昧になっていて、現在ではほぼ同一のものとなっています。

フォーマルスーツ・礼服とは

  • 燕尾服【正礼服】指揮者や、勲章授与式などで着用
  • モーニング【正礼服】結婚式で新郎や、新郎新婦の父親が着用
  • タキシード【準礼服】「夜」の準礼服。夜間に燕尾服の代わりにも着用
  • ディレクターズスーツ【準礼服】結婚式で親族・上司・主賓の方が着用
  • ブラックスーツ【略礼服】全ての時間帯の慶事・弔辞に着用可能
  • ダークスーツ【略礼服】濃紺・ダークグレーの一般的なスーツ

このように、お葬式には「光沢のないブラックスーツ」を着用します。

※上から、格調高いもの ⇒ 格が下がっていくもの という順番になっています

※これは女性のスーツの場合も同じです。フォーマルの分類の 光沢・装飾のない 黒いスーツをお葬式には着用します。

スポンサーリンク

男性と女性、葬儀の礼服の決まりごと

墓前で手を合わせる男女

では次に男性と女性の葬儀における礼服の決まりごとを、お通夜とお葬式に分けてご紹介します。

お通夜の礼服

【男性】

濃紺やダークグレーの「ダークスーツ」を着用。

黒や地味な色のネクタイを。靴下・靴は黒。

【女性】

紺・グレーなどの地味な色の「スーツ、ワンピース」を着用。

ストッキングは黒色か肌色。靴・バッグは黒。

※お通夜の際は「前もって準備していた」との意味合いが出ないように葬式用のブラックではなく「濃紺・グレー」などのダーク系の色のスーツを着ます。

お葬式当日の礼服

【男性】

ブラックスーツを着用。白いワイシャツに、黒無地のネクタイ、靴下、靴を。

【女性】

ブラックフォーマルのスーツ、または黒のワンピースやアンサンブルを着用。

肌の露出は厳禁です!夏場も五分袖くらいがよいでしょう。

ストッキング、靴、バッグは黒を。

通夜・葬式~アクセサリーのルール~

【男性】

結婚指輪以外は外しましょう。ネクタイピンも付けません。

【女性】

付けるのは結婚指輪のみに。

メークは控え目、香水やネイルはやめましょう。髪をまとめる際は、ゴム・ピンでシンプルに。パールのネックレスを付ける際は、1連にしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

礼服とスーツの違いについて女性のケースを中心にお伝えしてきました。

あらためて要点とまとめると

  • 礼服とスーツの違いは2点ある
  • 礼服は黒一色で生地に光沢がない
  • 女性の礼服のスカートは膝丈より長めが一般的

礼服もスーツの一種ではあるんですが、着る目的がほかのスーツとは一線を画すため、素材やデザインに大きな違いがあるんですね。



年齢を重ねるほど、お葬式はある日突然行く機会が増えます。

不幸な事故が突発的に起こるかもしれません。

病状が悪化していってるからそろそろ・・・と、ゆっくり準備が出来るとは限らないですよね。

まずはすぐに行動に移して、いざという時に困らないためにも用意したほうがいいでしょう。

予算が無い・お金を掛けたくない場合は町の紳士服量販店で、オーダーメイドしなくてもレディメイド品(既成品・吊るし)が売られていますよ。

また、お子さんが私立校を受験する際にはスーツ選びもかなり重要です。

お子さん用と親御さん用のスーツを一緒に新調すると、トーンが統一できて上品になりますね。

スポンサーリンク