小学校の冬休み2018年の期間!いつからいつまで?全国版

ランドセルを背負った男子小学生
小学校の2018年の冬休み期間は、「いつから~いつまで」なのか、それぞれの地域別(都道府県)での予定を調べてみました!

今年(平成30年)の最新データです。

クリスマスからお正月まで楽しいことがいっぱいの休みを思いっきり楽しみたいですね。

スポンサーリンク


【2018年12月~2019年1月】日本全国の小学校の冬休み期間

日本全国47都道府県の小学校の今年(2018年)の冬休み期間を一覧にまとめました。

2018年(平成30年)12月の二学期終業式が終わり、2019年(平成31年)1月の三学期始業式が始まるまでの「日程」と「冬休みの日数」がこちらになります。

■北海道・東北地方

地域名 冬休みの期間 冬休みの日数
北海道(札幌市) 12月26日~1月20日 26日間
宮城県(仙台市) 12月22日~1月7日 17日間
山形県(山形市) 12月22日~1月6日 16日間
青森県(青森市) 12月22日~1月14日 24日間
秋田県(秋田市) 12月26日~1月14日 20日間
岩手県(盛岡市) 12月22日~1月16日 26日間
福島県(福島市) 12月24日~1月7日 15日間

■関東地方

地域名 冬休みの期間 冬休みの日数
栃木県(宇都宮市) 12月26日~1月7日 13日間
群馬県(前橋市) 12月22日~1月6日 16日間
茨城県(水戸市) 12月22日~1月7日 17日間
埼玉県(さいたま市) 12月22日~1月7日 17日間
千葉県(千葉市) 12月22日~1月6日 16日間
東京都 中央区:12月26日~1月7日
新宿区:12月26日~1月7日
13日間
13日間
神奈川県(横浜市) 12月22日~1月6日 16日間

■中部地方

地域名 冬休みの期間 冬休みの日数
新潟県(新潟市) 12月22・24・25・26・27日~1月4・6・7日 ※期間は学校により異なります
山梨県(甲府市) 12月22日~1月6日 16日間
長野県(松本市) 12月28日~1月7日 11日間
富山県(富山市) 12月22日~1月7日 17日間
石川県(金沢市) 12月26日~1月6日 12日間
福井県(福井市) 12月22日~1月7日 17日間
岐阜県(岐阜市) 12月27日~1月6日 11日間
静岡県(静岡市) 12月22日~1月6日 16日間
愛知県(名古屋市) 12月24日~1月6日 14日間

■近畿地方

地域名 冬休みの期間 冬休みの日数
三重県(津市) 12月22日~1月7日 17日間
滋賀県(大津市) 12月22日~1月6日 16日間
奈良県(奈良市) 12月22日~1月6日 16日間
和歌山県(和歌山市) 12月22日~1月6日 16日間
大阪府(大阪市) 12月26日~1月6日 15日間
兵庫県(神戸市) 12月26日~1月6日 15日間
京都府(京都市) 12月22日~1月6日 16日間

■中国地方

地域名 冬休みの期間 冬休みの日数
岡山県(岡山市) 12月22日~1月6日 16日間
鳥取県(鳥取市) 12月22日~1月6日 16日間
広島県(広島市) 12月22日~1月6日 16日間
島根県(出雲市) 12月26日~1月7日 13日間
山口県(山口市) 12月22日~1月7日 17日間


■四国地方

地域名 冬休みの期間 冬休みの日数
高知県(高知市) 12月26日~1月7日 13日間
愛媛県(松山市) 12月26日~1月7日 13日間
香川県(高松市) 12月22日~1月7日 17日間
徳島県(徳島市) 12月22日~1月7日 17日間


■九州・沖縄地方

地域名 冬休みの期間 冬休みの日数
福岡県(福岡市) 12月22日~1月6日 16日間
大分県(大分市) 12月22日~1月7日 17日間
佐賀県(佐賀市) 12月22日~1月7日 17日間
長崎県(長崎市) 12月22日~1月7日 17日間
熊本県(熊本市) 12月26日~1月6日 12日間
✔宮崎県(宮崎市) 12月26日~1月6日 12日間
鹿児島県(鹿児島市) 12月22日~1月7日 17日間
沖縄県(那覇市) 12月26日~1月6日 12日間

いくつかの注意点

※市立/都立/府立の小学校の冬季休業期間を基本としています。

※前後の土日祝日を含んだ実質的な冬季休業日を表記しています。

⇒12月23日(土曜日)~1月8日(月曜日)

という日程であれば、12月22日(金曜日)が二学期終業式で、1月9日(火曜日)が三学期始業式となります。

※同じ地域でも小学校により日程が多少違う場合もあります。

     
スポンサーリンク
 


カレンダーで見る今年の標準的な冬休み

今年の冬休みは日本全国ほとんどの地方で、12月22日から休みが始まり、1月6日に休みが終わるという日程になっています。

これを分かりやすくカレンダー表示してみました。
 
 
2018年12月のカレンダー  
 
2019年1月のカレンダー
計16日間もあってかなり長めの冬休みとなりますね。

つまり12月21日が終業式で、1月7日が始業式になるわけです。

長い休みに一冊の本を読んでみては?

両親の実家先に帰省する電車の中とか、冬休み期間中はなにかと暇つぶしが必要ですよね?携帯ゲームやスマホをいじるのもいいですが、こんなときこそ小説を一冊読破してみてはいかがですか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネバーランド (集英社文庫) [ 恩田陸 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2018/10/6時点)

楽天で購入


おすすめなのがこの本です。この著者の作品は小学生でも読みやすい文章です。

市立の男子校の寮が舞台で、しかも季節はちょうど冬休みの一週間。

以前TBSでドラマ化されたこともある人気作ですよ。お父さん、お母さんが読まれて「面白かった!」と子供さんに勧めてみるのもいいですね(^^)

私は短期留学した経験があります

全国の小学生のみなさん。冬休みはどう過ごされますか?

私は小学校六年生の冬休みには、カナダへ語学留学へ行きました。

というのも親戚がカナダに住んでいたため、そこにホームステイをさせてもらって、昼間は子供向けの英会話学校へ通わせてもらったわけです。

ひとりで海外旅行をするのはもちろん、周りがほとんど外人ばかりという環境に身をおくのも、小さい年齢で経験できて今でもそれが財産になっていますね。

同年代の英語しか通じない友達とキャンプに行ったりなど、短期の留学ながら充実していました。

それからは中学生や高校生になっても、なぜか夏休みはダラっと過ごしてしまうのに、冬休みはいろいろとスケジュールがキツキツの充実した日々を過ごした気がします。

短い休みをぜひ有効に使ってくださいね(^^)

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ