年賀状はいつまでに出すと元旦に届く?2019年は12月25日まで!

年賀状はいつまでに出す?
年賀状はいつまでに出すと、2019年の元旦に届くのでしょう?

…と、その「期限」を知りたくなりますよね!

なんでも余裕をもって早く済ませる、というタイプの方には無縁の疑問でしょうが、恐らくこれを知りたい方は多いと思います!

もう少し後で書こう♪という気持ちでいるものの、

「元旦には間に合わせたい!!!」

「2日以降の配達だと、ちょっとなぁ・・・」

「送ってくれた相手よりも、遅くに届いた(汗)という形にはしたくない」

など、気になってしまう気持ちがありますよね。

そこで、ここでは

  • 12月の何日までに年賀状を出せば元旦に届くのか?
  • 無理やり間に合わせる方法はないのか?
  • 配達を遅れさせないための重要なポイント
  • 間に合わなかった場合の対処法

そんな疑問がスッキリするよう、分かりやすく解説していきましょう。


スポンサーリンク



年賀状はいつまでに出す?2019年の元旦に届く投函期限

ポストに投函
年賀状を2019年(平成31年)の元旦に相手に届けるためには、いつまでに出すのが正しいかというと

問題の「投函期限」は?

2018年12月25日(火曜日)まで

つまり

クリスマス当日まで出せば間に合う!!!

ってことです(^^)

この日までにポストや郵便局窓口に出せば、元旦(元日の朝)に配達してもらえますよ♪

その証拠に郵便局のホームページには

12月25日(火)までの差出しにご協力をお願いします。

一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日(火)までに差し出していただきますようお願いします。


日本郵便「年賀状の引受・配達について」より引用

一応、12月25日までとなっていますが、正確にいえば12月26日の「最初の郵便物の回収」が行われるまで投函すればOKです!

最初の郵便物の回収とは、その日の最初にポストに郵便局員が郵便物の回収に来る時間のことです。(その回収時間はポストの横に記載されています)

つまり25日が明けて、翌26日の深夜や早朝に投函してもギリギリ平気ということですね。

※年賀状の引受(受け付け開始)は、2018年12月15日(土)からです。



【朗報】最悪12月28日まで出せば届く可能性が!

年賀状の宛名面
な~んだ!まだまだ余裕がありすぎなくらいだ~~と思いませんでしたか?

そう思っていたのに「絶対に今日中に書かないと!間に合わないー」となってしまうのが師走マジック。

イベントの準備、仕事の片づけ、飲み会、大掃除などなど、どうしても忙しくなる時期なので、

結局12月25日に間に合わなかった(´Д`∥)↓↓

となってしまった方の為に、すっごくうれしい「朗報」があります!

日本郵便の公式ホームページをよく読むと

12月26日以降28日までに差し出していただいた年賀状も、できる限り元旦にお届けできるよう取り組んでまいります。


日本郵便「年賀状の引受・配達について」より引用

と書いてありました。なんて親切な会社でしょう♪

ですから12月28日まで出せば間に合う可能性がある!というわけです。

≪できる限り≫と注釈が付いているので、もしもの時のセーフティネットみたいなもの。

こういった最終手段もあるという事は頭の片隅に置いておく程度にして、まずは12月25日の本来の期限を守るように努めて下さいね。


12月28日以降~元日に出すといつ届く?

12月28日以降~元日に出すといつ届く?
では、年賀状を投函する最後のリミットである12月28日以降に投函する場合や、元日になってやっと年賀状を書いて投函する場合、いつ届くのでしょうか?

これは相手との距離(東京⇒沖縄など)や郵便物の混み具合によって多少変動しますが

12月28日以降~12月31日(大晦日)に出した場合は

早くて1月3日

元日(1月1日)に出した場合は

1月4日~5日くらい

に届くと思っておくといいでしょう。

2017年から1月2日の年賀状の配達は取りやめることになりました。

ですから、最短で1月3日になることを肝に銘じておきたいですね。


年賀状を出すのに失礼ではない期限は?

年賀状を出すのに失礼ではない期限は?
年が明けて新年になってから年賀状作成に取り掛かる人や、自分からは送らなかった人から年賀状が届いてしまった場合、いつまで出しても失礼にならないのか気になりますよね?

この「年賀状を出しても良い期間」というのは「松の内」の期間までが常識とされています。

松の内の期間は

  • 関東・・・1月7日まで
  • 関西・・・1月15日まで

というのが慣習です。

ですから

  • 関東にお住まいの方に出す場合は1月7日まで届くように
  • 関西にお住まいの方に出す場合は1月15日まで届くように

これを意識して投函したいですね。

年賀状の投函から相手の家に届くまでは3日間はかかります。

ですから期限の3日前までには投函するのが理想ですね。

※1月8日以降に投函した年賀状にはハガキに「消印」が押されてしまいます。


年賀状を速達で出せば元日に届く?


気づいたらもう12月29日!元日に年賀状を届けるのは絶望的!

でも、どうしても元日に届けたい人がいる!

こんな場合、年賀状を速達にすれば元日に届くのでしょうか?

結論から言えば、速達で出せば翌日に届く可能性が高いです。

ただし、こんな注意点もあります。

  • 「速達」という「消印」が押されてしまう(普通郵便扱いになるため)
  • 元日前に届いてしまう可能性

たとえば12月31日中の集荷に間に合うように投函すれば元日中に届く可能性がありますが、もし12月30日に出してしまうと12月31日に届いてしまうことも・・・・・・。

また、当然ですが追加料金も必要になります。

■速達郵便料金・・・280円

正直、そこまでして元日にこだわるよりも、1月3日になっても良いので普通の年賀状として出したほうがいいと思います。

※速達以外にも「配達日指定」で送る方法もあります。近隣都道府県ならば翌々日に指定して送ることが可能なんですが、これまた「配達日指定」という消印が押されてしまいます。

※出すのを忘れてしまうほどの年賀状であれば、今年はともかく来年からはスッパリと止めてしまうのも妙案かと思います。

実際、私の家に届く年賀状の枚数は減ってきており、もう送らないと宣言する人が増えてきました。

以下の記事が参考になると思います。



スポンサーリンク



配達が遅れる?年賀状を出すときのチェックポイント!

ちゃんと引受期限までに出したから、もう大丈夫!…ということではありません。

記入内容に不備がある場合や、異物の貼り付けなどの原因により、時間を要して≪元旦に配達できない≫可能性が高くなったりもしますので、注意が必要です。

【元旦に配達できない可能性が高くなる場合】

●通常の郵便が届く名前(正式名)で宛名を書いていない
⇒ペンネームやあだ名等を記載

●完全な住所を書いていない            
⇒町名・建物の名前・部屋番号が抜けている

●郵便番号を指定の枠内に書いていない       
⇒無記入、読めない数字の記載、誤った番号の記載なども

●異物を貼りつけている

●年賀はがきの規定の粋を越えている規定外のもの  
⇒透明であったり、長方形でないなどの加工品

●年賀はがき自体を加工していて湾曲したり形状が変わっているもの

せっかく引受期限を守っても、元旦に届かなかった・・・・・と残念な結果に繋がりますので、記載の内容もしっかりと仕上げましょう(●^o^●)


郵便ポストの集荷時間を知っておこう

郵便ポストの集荷時間を知っておこう
自宅の周辺だけでも何箇所も郵便ポストが設置されていると思います。

ただし

1日に何回・何時何分に集荷に来るか?

そこまで知っている人はまずいませんよね?(笑)

今急いで書けば元旦に間に合うよう集荷してもらえるのか、それとも焦って書いてもムリなのか?知りたいはず。

そんなときはポストマップという全国の郵便ポストの場所と集荷時間を紹介しているサイトに頼りましょう。

ポストマップのサイトはコチラ

12月28日の最終期限も、おそらく29日の朝の「最初の集荷」が期限でしょうから、今まさに年賀状を急いで書いている人はチェックしてみてください。

街の中心部から外れた場所に設置されている郵便ポストだと、集荷が1日に1回ペースの場合もあります・・・・・。

※すべてのポストの情報が掲載されているわけではなく、また情報自体が古い場合もありますのでご注意を。


<プリンターのインクは互換性がお財布にやさしいですよ♪>


■互換性インクについて
私はもう3年くらい印刷にはメーカー純正品ではなく互換性インクを使っていますが、年賀状のカラー印刷の仕上がりに差は感じられません。メール便で送ってくれるので送料も安く抑えられるのでホントおすすめです。


年賀状をメールで代用したら失礼?


年賀状をメールで代用できたら楽だろうな・・・・私もそう思います。

メールなら年賀状みたいに投函期限がないから、元日に書いて送ってもすぐ相手に届きますから。

でも、会社の上司や先輩など目上の方(年配の方)には失礼になるので絶対NGですよ。

同じくらいの年齢の友達や後輩、ネット上でしか付き合いのない人にはメールでも構いませんが、個人的には紙の(リアルな)年賀状をもらったほうがうれしいし、記憶には残りますね。

たしかに面倒ですが、まだまだ大切にしたい日本人の恒例行事だと思います。


年賀状を出せる期間が過ぎてしまったら?


知人から年賀状が届いていたのは知っていたけれど、もう松の内(1月7日)が過ぎてしまったので、今から出すのは時期外れ・・・・・。

でも、電話するのは億劫だし、なにか一言だけ遅れたお詫びを書いた書状をだしたい!

そんなときは「寒中見舞い」を出すのが正式ですよ。

寒中見舞いの目的とは?


寒中見舞いとは、暦の上、もっとも寒さが厳しい時期に、相手の体調を気遣うために送るものです。

一般的に寒中見舞いを送る時期は

松の内が明けた1月8日~立春

が通例となっています。

寒中見舞いを書く際には年賀状を使うのではなく、普通の官製はがきか郵便局が発行している専用の「寒中見舞いはがき」が適しています。

注意点としては、すでに時期が過ぎているので「新年」や「明けましておめでとうございます」といった挨拶は使ってはいけないことですね。

寒中見舞いについては下記の記事にて「文例」をご紹介しています。




喪中の場合、いつまでに出す?


家族や親戚に不幸があり喪中の場合、年賀状は出せません。

そんなときは喪中はがき(正確には「喪中欠礼状」)で

「新年の挨拶は控えさせていただきます」

ということを伝えないといけません。



この「喪中はがき」はいつまでに出すのが正式かと言うと、

12月15日(年賀状の引き受け開始日)より前

に相手に届くようにします。

年賀状は気が早い人だと、郵便局での年賀状の引き受けが開始される日に投函してしまいます。

それを考慮すると、年賀状を書いたり、そもそも買ってしまう前に「喪中」であることを伝えないといけません。

できるだけ早く11月中に送るのが礼儀ですね。

喪中はがきの切手はコンビニで買えるのか、書くときのマナーなどは下記の記事にて特集しています。



年賀状が購入できる場所(店)は?


今日までにすべて年賀状を印刷してしまいたくて猛スピードで作業していたら、プリンターに年賀状が引っかかって折れたりインクの汚れがついてしまった・・・・・

絶対にこういうことがあって、一枚や二枚はムダにしますよね?

そんな緊急のときにどこで追加の年賀状が買えるかというと

  • コンビニ
  • スーパー
  • 家電量販店
  • ゆうゆう窓口
  • 金券ショップ

などが有名ですね。

特に大きな郵便局に併設されている「ゆうゆう窓口」は、土曜日や日曜日、祝日の夜遅くまで開いているので便利ですよ。

全国のゆうゆう窓口を探すにはこちら。

ゆうゆう窓口・集荷に関する連絡先を調べる

※コンビニでは年末年始になると売り切れている場合が多いです。

年賀状はいつまで販売している?


新年になってから年賀状を用意する人もいるかもしれません。

でも、大丈夫ですよ。

郵便局では1月の第二金曜日までは年賀状を販売していますので。

スーパーやコンビニだと、その時点では売り切れているか、イラストが印刷された半完成品しか残っていないこともしばしば。

また、バラ売りをしていなくて10枚単位でしか売ってくれないことも・・・・。

そんなときは自宅から遠くても郵便局へ出向くといいですね。

年賀状の販売期間は?

2019年用の年賀はがきの販売期間は、

2018年11月1日(木)からです。

東京オリンピック2020の寄付金付きの年賀はがきは

2018年10月1日(月)からです。 
       
ちなみにお楽しみの「お年玉くじ」の抽選日は

2019年1月20日(日)です。


余談ですが年賀状はいつまでとっておく?


自分自身が頂いた年賀状をいつまでとっておくか?これ、みなさんはどうしているのでしょうか?

私の場合、今年届いた年賀状は、その年末に年賀状を書くときに

  • 誰から届いたのか?
  • 宛名や住所は変わっていないか?

それを確かめるために一年間だけ保存しておきます。

そしてまた新しい年賀状が届いたら昨年の分は捨ててしまいます。

裏面に家族写真が印刷されているものなど捨てるのは気が引けますが、年々溜まっていくものですから、ルールをつくってスパッと捨ててしまったほうがいいかなと思います。

なお、印刷ミスをして使えなかったものや、買いすぎて余った年賀状は「お年玉年賀はがき」の抽選会で当たっていないか確認したら、郵便局へ持っていきましょう。

郵便局で1枚につき5円を払うと、切手か官製はがきに交換してもらえますよ!

※お年玉年賀はがきの抽選会は1月中旬から20日あたりの間に行われます。

ちなみに2019年は1月20日(日)に抽選が行われます。


年賀状はいつまで52円のまま?


2017年6月1日より通常はがき(官製はがき)の価格が62円になったことはご存知かと思います。

しかし年賀状だけは例外的に52円のまま据え置かれることになりました。

大量に年賀状を出す人はいつまで52円のままか不安だと思います。

あくまで私の推測ですが

  • 「年賀状離れ」が進んでいる
  • 年末年始にまとまって配達されるので手間がかからない

といった理由から、しばらくはまず62円に値上げされることはないと思います。

【追記】

そう思っていましたが2019年の年賀状から62円に値上げされてしまいました・・・・・。

ニュース元:産経ニュース

52円に据え置かれたのは1回限りでしたね。


【まとめ】最後にちょっとひとこと


年賀状はいつまでに出すと元旦に届くか?あらためておさらいすると

12月25日までに投函すれば100%届きます!

それより遅れてしまった場合でも

12月28日まで出せばギリギリ届く可能性も!

ということを覚えておきたいですね。

でも実は私は「クリスマス頃」から慌てて年賀状を書き始めるタイプです。

なんとか元旦まで(最悪2日まで)届けばいいな・・・と思いつつ、28日頃に出していたんですが、あとで友達に確認するとだいたい元旦に届いていました。

それにはこういうワケがあったんですね。

郵便局の人に迷惑にならないよう、今年は早めに出そうかな(^_^;)


■年賀状に関するお役立ち記事がこちら


この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
スポンサーリンク
サブコンテンツ