混乱する女性

重複は「じゅうふく」と「ちょうふく」と2つの読み方がありますが、その違いを知っていますか?

なぜひとつの漢字に二通りの読み方があるのか、不思議だったんですが、最近、あちこちで「じゅうふく」と読んでいる人(それも学歴の高い人)が多いので、いったいどっちなんだ?と不安になってます。

私は「ちょうふく」がずっと正しいと思っていたのですが、もしかして、私のほうが間違っていたのかも・・・・・なんて。

なので、いっちょ辞書をひもといて調べてみましたよ。

スポンサーリンク

「じゅうふく」と「ちょうふく」の違いは?

2つのさくらんぼ
 
重複は「じゅうふく」と「ちょうふく」の二通りの読み方がありますが、そこにはなにか違いがあるかというと、

⇒読み方の違いがあるだけで意味に違いはありません!

そう、ひとつの単語に別々の読み方があるだけなんですね。

では、「じゅうふく」・「ちょうふく」のどちらが正しい読み方なのか、どうして二通りの読み方をするようになったのか、次の段落で見ていきましょう。

重複の読み方は「じゅうふく」と「ちょうふく」、どちらが正しい?

重複は「じゅうふく」と「ちょうふく」のどちらの読み方が正しいかと言うと、それは……

⇒正確には「ちょうふく」になります!

それはなぜか?という理由を説明するには、漢字の読み方からおさらいしないといけません。(ちょっと長くなりますが、お付き合いください)



漢字には音読みと訓読みの2つがあるのは知っていますよね?

  • 音読み・・・中国語での発音を元にした読み方
  • 訓読み・・・漢字の意味を表す日本語での読み方

重複の「重」は音読みでは「じゅう」と「ちょう」の2つの読み方ができます。

なぜ2つの読み方があるかというと、中国語では形容するときの「意味」によって漢字の読み方を変えるルールがあるからなんですね。

  • 「重」を「じゅう」と読むときは「重い」という意味を表すとき(例:重量)
  • 「重」を「ちょう」と読むときは「かさねる」という意味を表すとき

重複の意味を簡単に言うと「何かをかさねる」ということですから、「じゅうふく」ではなく「ちょうふく」が正しいということになるんです。

なぜ間違った読み方が定着したか?

人によって読み方が違う「重複」。

文化庁の調査では76%の人が「じゅうふく」が正しいと答え、「ちょうふく」が正しいと答えた人は20%しかいなかったという結果が出ています。

私の父親世代の人に訊ねると、大抵が「ちょうふくと読むのが正しい」と答えますね。そういった方に聞くと、どうやらここ数十年の間に「じゅうふく読み」が定着したようです。

ためしに手元にある紙の広辞苑で「ちょうふく」を引いてみると、そこには詳細な解説が載っていますが、「じゅうふく」を引くと「くわしくは【ちょうふく】の項目を参照して下さい」という誘導文しか書いてありません。

つまりこれは最初「ちょうふく」しかなかった読み方に、後から「じゅうふく」が追加されたことを意味します。

いつからこんなふうに変化したかというと、一説では、明治から大正にかけて「じゅうふく読み」が登場し、昭和になって辞書に掲載されたそうです。



こうした本来の意味では間違いの読み方だけど、人々の間で用いられるようになった読み方を「慣用読み」と言います。

なので「じゅうふく」は「ちょうふく」の慣用読みとして定着したと言えるでしょう。

結論

「ちょうふく」が本来の正しい読み方だったが、現在では「じゅうふく」も辞書に記載されるほど市民権を得ているので間違いではない。どちらの読み方でもOK。

ということになりますね。

スポンサーリンク

重複の意味

「重複」はどんな意味があるかいうと

⇒何か(物事)が重なり合うこと

を指します。

たとえば、スケジュールを確認したら海外出張の日と友人の結婚式の日取りが「重複」していた、とか、おみやげにケーキを買って帰ったら妻が買い物でついでに買ってきたケーキと種類まで「重複」していた、など。



ちなみに辞書で「じゅうふく」を引くと

【じゅうふく】

「ちょうふく(重複)」に同じ。

出典:goo辞書

このように「ちょうふく」の項目を見てくださいという指示が出されます。

同じ意味で間違いありませんし、どちらも辞書に載っているということは、どちらも世間で通用する正しい読み方と解釈していいでしょう。

会社で新入社員や、または上司が「じゅうふく」と読んだとしても、あえて指摘するのは止めておいたほうが得策ですね。

重複の例文集【正しい使い方講座】

出勤する女性と見送る人

最後に重複を使った例文集をご紹介して終わります。

取引先の打ち合わせが入っている日に別の予定がブッキングされそうなとき

その日はスケジュールが重複してしまうので難しいです

ネット書店で新刊を予約していたのを忘れて発売日に町の書店で購入

同じ本を重複して買ってしまった

結婚式の二次会で芸を披露する友人数人とどんなネタをやるか確認

ネタが重複しないように打ち合わせをした

スポンサーリンク

まとめ

重複(じゅうふく・ちょうふく)の違いと正しい読み方はどちらなのかをまとめてきました。

あらためて要点だけ振り返ります。

  • 本来「重複」は「ちょうふく」と読むのが正しい
  • 「じゅうふく」と読む人が多かったため定着し、今では正しい読み方になった
  • ちょうふく・じゅうふくの2つはどちらも同じ意味
  • 「何かのモノゴトが重なりあうこと」を意味する

このようにどちらを使ったとしても間違いではないです。

なので好きなほうの読み方をすればいいのですが、私としては本来のオリジナルの「ちょうふく」を使いたいですね。そちらのほうがやっぱりしっくりきます。

普段から年配の方と接するような仕事をされている方は、やはり「ちょうふく」を使ったほうがすんなり伝わると思いますよ!

なかには頭のカタイ人もいるので、間違っていると指摘される恐れもありますから(^_^;)

学生さんはもし国語のテストで「重複の読みを答えなさい」という問題が出た際には、素直に「ちょうふく」と答えることをオススメします。

スポンサーリンク